特別な「アルファード/ヴェルファイア」、登場

2009.06.02 自動車ニュース

特別な「アルファード/ヴェルファイア」、7人乗りで登場

トヨタ自動車は、ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」の7人乗り仕様車に、特別仕様車を設定。2009年6月2日に発売した。

今回、アルファードの2.4リッターモデル「240S」をベースに、特別内装色「シェル」を採用し、クルーズコントロールなど一部装備を省いた「240S“リミテッド”」を新たに設定した。価格はベースより6万円安。
3.5リッターモデルには、350Sをベースとした「350S“プライムセレクション”」を用意。こちらの価格はベースより12万円アップするも、アルカンターラの専用シート表皮や茶木目調のインテリア、パワーバックドア、リバース連動機能付きのサイドミラー、雨滴感応式のワイパー、イルミネーテッドエントリーシステムなど追加装備が盛りだくさんだ。

同様に、兄弟車の「ヴェルファイア」にも特別仕様車が用意された。
「2.4Z“プラチナムセレクション”」は、「2.4Z」をベースに、アルカンターラの専用シート表皮、茶木目調のインテリア、パワーバックドア、イルミネーテッドエントリーシステムの4点を追加したグレード(ベースより8万円高)。
あわせて、アルファードの「350S“プライムセレクション”」と同様の追加装備をもつ「3.5Z“プラチナムセレクション”」(ベース比12万円高)もラインナップする。

全てキャプテンシートをもつ7人乗り仕様車で、FFモデルの価格は以下のとおり。それぞれ4WDモデルも選べ、FFより21万円高となっている。

・アルファード240S“リミテッド”:328.0万円
・アルファード350S“プライムセレクション”:384.0万円
・ヴェルファイア2.4Z“プラチナムセレクション”:342.0万円
・ヴェルファイア350S“プラチナムセレクション”:384.0万円

(webCG 関)

トヨタ・ヴェルファイア「3.5Z“プラチナムセレクション”」
トヨタ・ヴェルファイア「3.5Z“プラチナムセレクション”」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る