【スペック】全長×全幅×全高=4250×1790×1290mm/ホイールベース=2495mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=695.0万円(テスト車=733.7万円/マルチスポークスタイリング293アロイホイール=12.6万円/アダプティブMサスペンション=20.1万円/アッシュウッドトリム=2.5万円/スルーローディングシステム=3.5万円)

BMW Z4 sDrive35i(FR/7AT)【試乗記】

気分がアガる 2009.06.02 試乗記 BMW Z4 sDrive35i(FR/7AT)
……733.7万円

BMWの2シーターロードスター「Z4」が第2世代へと移行。リトラクタブルハードトップを得たことで、変わったものは? 新型の魅力を探る。

見た目はパーフェクト

新しいZ4はリトラクタブルハードトップを採用する。最初にそう耳にした時点では、不安が無かったわけではない。プロポーションには制約が生まれるだろうし、ソフトトップ特有のエレガントな雰囲気こそが、ロングノーズ・ショートデッキという、古典的ロードスタールックのZ4にはよく似合うと思っていたからだ。

それだけに、実物と出会った際の第一印象が、とてもポジティブなものだったのは嬉しかった。その姿はいかにもZ4らしく、それでいて新鮮味に満ちていて、なにより開けても閉めても理屈抜きにカッコ良い。その抑揚に富んだボディラインから、さぞ大きくなってしまったのだろうなと思いきや、全長4250mm×全幅1790mm×全高1290mm(アダプティブMサスペンション付きの試乗車は1280mm)と、全長が150mm伸びた以外、サイズもほとんど変わっていない。とりあえず外観については、仕事はパーフェクトに成し遂げられたと言えるだろう。

室内の雰囲気も悪くない。円形に並べられたスイッチ類など、デザインは細部まで凝っており、クオリティ感もハイレベル。8.8インチという特大のモニターもインパクト大だ。なにしろロードスターにとって、インテリアはエクステリア。これは大事なポイントである。

居住空間はそれなりにタイトだ。特にセンタートンネルに圧迫されて、左足の置き場が狭いのは気になる。逆にありがたいのは、シートの背後にブリーフケースなどを載せられるだけの場所が確保されていることである。2人で乗る時にも、これなら困らない。


BMW Z4 sDrive35i(FR/7AT)【試乗記】の画像
シートには、日射による温度上昇を抑える「サンリフレクティブテクノロジー」レザーが用いられた。
シートには、日射による温度上昇を抑える「サンリフレクティブテクノロジー」レザーが用いられた。

BMW Z4 sDrive35i(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Z4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る