マセラティ、新型クワトロポルテを2013年に発表

2012.11.07 自動車ニュース
マセラティ、新型クワトロポルテを北米で発表

マセラティ、2013年のデトロイトショーで新型「クワトロポルテ」を発表

イタリアの高級車メーカー、マセラティは2012年11月6日(現地時間)、2013年1月14日から開催される北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)に、新型「クワトロポルテ」を出展すると発表した。

新型「クワトロポルテ」のデザインは、往年のマセラティ車の特徴を現代的にアレンジしたものとされる。個性的なフロントグリルや3連のサイドベント、三角形のCピラーなどといった特徴を従来のモデルより踏襲。ボディーサイズも従来同様の堂々としたものとなっている。

エンジンは親会社のフェラーリと新たに開発したもので、これまで同様、フェラーリのマラネロ工場で生産を予定。「よりパワフルで、よりエキサイティングで、よりローエミッション」というこのエンジンを、マセラティでは新型「クワトロポルテ」より順次新型車に採用していく予定だ。

マセラティは2015年までに世界販売台数を5万台までアップさせる計画。今回の新型「クワトロポルテ」は、その第1弾として市場に投入され、やや小型の新型セダン「ギブリ」、SUVの「レヴァンテ」が続く。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る