【スペック】B4 2.5i Lパッケージ:全長×全幅×全高=4730×1780×1505mm/ホイールベース=2750mm/車重=1545kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(170ps/5600rpm、23.4kgm/4000rpm)/価格=252万円(テスト車=313万9500円/クリアビューパック+濃色ガラス+オールウェザーパック+LEGACYマッキントッシュ プレミアムサウンドシステム&HDDナビ+サンルーフ=58万8000円/カメリアレッドパール=3万1500円)

スバル・レガシィシリーズ【試乗速報】

世界を向いたグランドツアラー 2009.05.29 試乗記 スバル・レガシィB4 2.5i Lパッケージ(4WD/CVT)/ツーリングワゴン 2.5GT Sパッケージ(4WD/5AT)/アウトバック 3.6R(4WD/5AT)

……313万9500円/370万1250円/392万1750円

20年目を迎え、パッケージングからデザインまで“史上最大の変更”を受けた、新型「スバル・レガシィ」。
その乗り味の変化を、3つの車型で確かめた。

日本のグランドツアラー

自分からそういうだけあって、“グランドツアラー”という言葉が一番似合う日本車は「スバル・レガシィ」である。そのせいか、レガシィの取材というと、決まって1000km以上の長旅になるのだが、終わりはいつも「このクルマでよかった!」と思うことからも、そのグランドツアラーぶりがうかがえる。

そんなレガシィがフルモデルチェンジして5代目になった。しかも、主力の「ツーリングワゴン」に加えて、セダンの「B4」、クロスオーバーの元祖である「アウトバック」が、どどんとイッキに変わったのである。

どこが変わったかを書き連ねると、それだけでページが尽きそうなので、詳しく知りたい方はまず新車ニュースをご覧いただくとして、ここではさっそく、ツーリングワゴン、アウトバック、そして、B4の3台に試乗して見えてきた新型レガシィの素顔に迫ることにしよう。

試乗の起点になった「CAR DO SUBARU 三鷹」には、ボディタイプごとに5台ずつのテストカーが用意されていた。実車を見るのはこれが初めてだったが、先代に比べるとボディサイズ、フロントマスクとも、格段に存在感を増した印象である。と同時に、これはアメリカ人にウケそうだなぁと思った。実際、レガシィのメインマーケットは北米であり、日本の倍以上の販売を見込んでいるという。果たして中味もアメリカンなのだろうか?

疑問を胸に、「ツーリングワゴン 2.5GT Sパッケージ」「アウトバック 3.6R」、そして「B4 2.5i Lパッケージ」をチョイスして、最初の目的地である河口湖を目指す。まずはツーリングワゴンに乗り込んだ。

2.5GT Sパッケージは、水平対向4気筒ターボエンジンとビルシュタイン製ダンパーを採用するツーリングワゴン最強グレード。エクステリアでは18インチホールと225/45R18タイヤ、インテリアではカーボン調パネルを装着するのが特徴である。

「ツーリングワゴン 2.5GT Sパッケージ」のリアビュー。サイドからリアまでガラス面を連続させる伝統のデザイン処理は改められた。
「ツーリングワゴン 2.5GT Sパッケージ」のリアビュー。サイドからリアまでガラス面を連続させる伝統のデザイン処理は改められた。
Sパッケージに含まれる「ビルシュタイン製ダンパー」。
Sパッケージに含まれる「ビルシュタイン製ダンパー」。
【スペック】アウトバック 3.6R:全長×全幅×全高=4775×1820×1605mm/ホイールベース=2745mm/車重=1580kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(260ps/6000rpm、34.2kgm/4400rpm)/価格=346万5000円(テスト車=392万1750円/クリアビューパック+濃色ガラス+オールウェザーパック+LEGACYプレミアムサウンドシステム&HDDナビ/サンルーフ=42万5250円/サテンホワイトパール=3万1500円)
【スペック】アウトバック 3.6R:全長×全幅×全高=4775×1820×1605mm/ホイールベース=2745mm/車重=1580kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(260ps/6000rpm、34.2kgm/4400rpm)/価格=346万5000円(テスト車=392万1750円/クリアビューパック+濃色ガラス+オールウェザーパック+LEGACYプレミアムサウンドシステム&HDDナビ/サンルーフ=42万5250円/サテンホワイトパール=3万1500円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る