第270回:それは「スーパーカー飛ばし」から始まった
ああ! チープ筆記具への道

2012.11.09 エッセイ

第270回:それは「スーパーカー飛ばし」から始まった ああ! チープ筆記具への道

「BOXY」のボールペン

子供のとき「スーパーカーブーム」というのがあった。小学生の分際でいっぱしの自動車雑誌『CAR GRAPHIC』読者を気取っていたボクは、その“教え”にしたがい、その浮ついたブームに乗ってはいけないと思っていた。しかしやがて、同級生や上級生がスーパーカー型をした消しゴムで遊び始めた。それに混ぜてもらって一緒に遊ぶには、ボクもスーパーカーブームに乗らざるを得なかった。

「スーパーカー消しゴム」という、本来の機能から逸脱した(実際、字を消そうとすると、固くてとても使い物にならなかった)文房具を、頭の固い両親が買ってくれたはずはないので、どうやって手に入れたかは覚えていない。おそらく1台も保有していなかったボクを哀れんだ同級生が恵んでくれたのだろう。

スーパーカー消しゴム遊びには、ノック式ボールペンが必要であった。当時を知る方には説明不要だが、ボールペンの頭についたノックボタンをクリップ付近にある別ボタンで解除させ、その勢いで消しゴムを対戦相手と交互に飛ばし、ゴールに早く着くのを競ったのだ。

当時は「BOXY」という銘柄のボールペンがよく使われていた。BOXYは三菱鉛筆の1ブランドだった。普通の三菱鉛筆がトヨタなら、BOXYはさながらレクサスのような位置づけだった。しかしながら、ノックと解除が別の方式で、もっとも身近で簡単に手に入ったことから、スーパーカー消しゴムの、あたかもオフィシャルサプライヤーのごとくBOXYが選ばれたのだと思う。BOXYボールペンは、本来の筆記具として使うよりも、スーパーカー消しゴム遊びの推進力として使用した子供のほうが圧倒的に多かったのは間違いない。

イタリアで2011年に手に入れた「Bic Orange」特別仕様のゴールドボディー。シルバーもあった。
第270回:それは「スーパーカー飛ばし」から始まった − ああ! チープ筆記具への道
数年前、携帯電話器に進出して話題を呼んだBicだが、最近はカヤックまである(写真上)。価格は329ユーロ(約3万3000円)。
第270回:それは「スーパーカー飛ばし」から始まった − ああ! チープ筆記具への道

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。