【スペック】全長×全幅×全高=4250×1845×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1520kg/駆動方式=FR/3.7リッター V6DOHC24バルブ(336ps/7000rpm、37.2kgm/5200rpm)/価格=435万7500円(テスト車=481万6350円/カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ETCユニット=32万2350円/特別塗装色=13万6500円)

日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)【試乗記】

エッジが効いた日常へ 2009.05.28 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)
……481万6350円

2008年に登場した新型「フェアレディZ」。特徴のひとつは、MT車にシンクロレブコントロールがついたこと。これにより、操縦はさらに楽しめるものになったのか? そしてその走りは?

クルマ好きをときめかせる

なにも難しい言葉を並べる必要などない。その姿を見ただけで心が動かされる。新型「フェアレディZ」は、そういうクルマではないだろうか。先代よりコンパクトになり、さらに緊張感が高まったフォルムにはじまり、伝統のロングノーズ、DNAを感じさせるサイドウィンドウのグラフィックス、そして大きく張り出したリアフェンダー、前後のレンズ類など、好き嫌いはあれど特徴的なディテールが並ぶ。古典的だという解釈もできるだろう。しかし、それがクルマ好きをときめかせる共通言語であることは間違いない。

インテリアもそう。細かな造形はオーバーデコレーション気味に映らないでもないが、クオリティは先代よりも格段に高く、どこか気持ちをかき立てる。そして嬉しいことに、ドライバーズシートに身体を滑り込ませると、煩雑に見えた要素が、実は視界を一切邪魔しないということに気付くのだ。

その走りにも、余計な説明は要らないだろう。乗れば、歓びはダイレクト。まずその源泉となるのがエンジンだ。新たに可変バルブタイミング&リフト機構のVVELを得た3.7リッターV型6気筒エンジンは、力強い轟音を響かせながら、しかしこれまた以前とは隔世の感のあるスムーズさで、7500rpmまで吸い込まれるように吹け上がっていく。

最高出力は336ps。しかも、安全装備の充実などで本来なら100kg増となってもおかしくなかった車重を、ボディのコンパクト化やアルミ素材の積極採用、さらには各部構造の見直しなどによって、先代と同レベルに抑えている。それゆえ、フィーリングだけでなく、実際の加速も迫力に満ちている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
ホームへ戻る