ルノー初のクロスオーバー「コレオス」デビュー

2009.05.27 自動車ニュース
 
ルノー初のクロスオーバー「コレオス」デビュー

ルノー初のクロスオーバー「コレオス」デビュー

ルノー・ジャポンは2009年5月27日、新型のクロスオーバーモデル「コレオス」を発表。同日販売を開始した。

この日のために来日した、コレオスプロジェクトマネージャー(開発当時)のフランソワ ロラン氏(左)と今年1月に就任したルノー・ジャポンの大極司COO。
大極COOは、「コレオスは、乗り心地と安定性を兼ね備えた、いいとこどりのクルマ。一人でも多くの方に乗ってほしい」とコメント。
この日のために来日した、コレオスプロジェクトマネージャー(開発当時)のフランソワ ロラン氏(左)と今年1月に就任したルノー・ジャポンの大極司COO。
	大極COOは、「コレオスは、乗り心地と安定性を兼ね備えた、いいとこどりのクルマ。一人でも多くの方に乗ってほしい」とコメント。
 
ルノー初のクロスオーバー「コレオス」デビューの画像

■ルノーと日産の愛の(?)結晶

2008年3月のジュネーブショーでデビューした、ルノー初となるクロスオーバーが「コレオス」。デザインと車両のとりまとめをルノーが、エンジニアリングを日産が、生産を韓国のルノー・サムスンが行うという、3社共同プロジェクトであることは既報のとおり。

プラットフォームは「日産デュアリス」などと共用するものの、オリジナルの内外装や乗り心地、使い勝手など、多くの部分に手が加えられている。

このたび日本に上陸したのは、日産譲りとなる2.5リッターガソリンユニット搭載モデル。最高出力170ps/6000rpmと、最大トルク23.1kgm/4400rpmを発生し、6段のマニュアルモード付きCVTが組み合わされる。なお、CVTの採用はルノー車初という。

サスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後マルチリンク。デュアリスと同形式ながら、ダンパーやブッシュなどに独自の変更やチューニングを加え、ルノーらしい「フレンチタッチな乗り心地」(プレスリリース)に躾られたと謳われる。

駆動方式は、エクストレイル譲りのオールモード4×4-iシステムが用いられた、パートタイム4WDを採用する。坂道発進を助ける「ヒルスタートサポート」や、急勾配を下る際に車速を一定に保つ「ヒルダウンコントロール」も与えられ、高い最低地上高(200mm)や、大きなアプローチ/デパーチャーアングルとあわせて、悪路走破性能も高められている。

安全装備として、アンチスピンデバイスのESPがすべてのグレードに標準装備されるのも、欧州車ならではだ。

ステアリングホイールの、チルト&テレスコピックは標準装備。
ステアリングホイールの、チルト&テレスコピックは標準装備。
 
ルノー初のクロスオーバー「コレオス」デビューの画像
ルノーは、秋に新型「カングー」を発売し、続けて「トゥインゴRS」「ルーテシアRS」を導入。来年には、「ルーテシア」をマイナーチェンジし、ショートカングー「ビーボップ」と新型「メガーヌ」を発売予定という。
ルノーは、秋に新型「カングー」を発売し、続けて「トゥインゴRS」「ルーテシアRS」を導入。来年には、「ルーテシア」をマイナーチェンジし、ショートカングー「ビーボップ」と新型「メガーヌ」を発売予定という。

■静粛性に配慮

全長×全幅×全高=4525×1855×1710mmのディメンションは、「日産デュアリス」より長く、幅広い。ホイールベースも2690mmと、デュアリス比で60mm延長された。

フロントマスクには「メガーヌ」などにも共通する、左右2分割のグリルが備わり、ルノーファミリーであることを主張する。全体的に落ち着いた印象の、上品なスタイリングが与えられる一方で、フロント/リアのアンダースキッドや強調されたホイールアーチなどが、SUV的な力強さを示している。寝かされたリアウィンドウも特徴的。

「波」をイメージしたというインテリアは、曲線を多用した意匠が各所に見られ、SUVなどに多いスポーティなデザインとは一線を画すもの。色合いも明るくまとめられた。

車内の静粛性を一つのピーアールポイントとし、5層構造のフロントウィンドウを採用、防音材や遮音材なども各所に配している。さらにリアタイヤからの騒音を抑えるために、タイヤハウス内に遮音材を貼るなど、後席乗員にも配慮された。

上下分割でオープンするリアハッチゲートからアクセスする荷室は、VDA法で450リッターの容量を確保する。荷室を広く、低くすることができたのは、リアのダンパーを傾斜して設置し、アッパーメンバーを結合させる構造とした工夫のたまものだ。
一部グレードでは、荷室側から操作できる6:4分割可倒式のリアシートが備わり、助手席まで倒すと、2.6mの長尺ものの積載も可能となる。

6エアバッグや2ゾーンオートエアコン、カードキーを携帯するだけで、ドアの開閉、エンジン始動ができる「ハンズフリーカード」などは、標準で与えられる。

グレードは装備の違いで3種をラインナップ。ベースグレードが319.8万円、快適装備が充実した「プレミアム」が349.8万円、電動パノラミックグラスルーフ付きの「プレミアム グラスルーフ」が359.8万円。ハンドル位置はすべて右で用意される。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
ホームへ戻る