「スズキMRワゴン」に専用内外装の特別仕様車

2012.11.07 自動車ニュース
「MRワゴン ECO-Xセレクション」
写真のボディーカラーはアーバンブラウンパールメタリックとシルバーの2トーン。
スズキ、MRワゴンに専用内外装の特別仕様車

「スズキMRワゴン」に専用内外装の特別仕様車

スズキは、軽乗用車の「MRワゴン」に専用の内外装が特徴の特別仕様車「MRワゴン ECO-Xセレクション」「MRワゴン Xセレクション」を設定。2012年11月7日に発売した。

フロントメッキグリル
フロントメッキグリル 拡大
14インチアルミホイール
14インチアルミホイール 拡大
専用ファブリックシート表皮
専用ファブリックシート表皮 拡大

今回の特別仕様車は、ブラックメッキのフロントグリルや14インチアルミホイールなどで外観をドレスアップ。外装色はグレースブルーパールメタリック、ルナグレーパールメタリック、ミステリアスバイオレットパールなどの特別設定色を含めた7色が用意されるほか、ボディーをアーバンブラウンパールメタリック、ルーフをシルバーで塗り分けた2トーンルーフモデルもラインナップする。

一方インテリアでは、細いしま模様をあしらった黒色の専用シート表皮や、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、メッキのインサイドドアハンドルなどを採用。オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプやオートライトシステム、6スピーカー、専用携帯リモコンカバーなどの装備も取り入れられている。

価格は「Xセレクション」のFF車が129万4650円、4WD車が141万2250円、アイドリングストップシステム搭載の「ECO-Xセレクション」が138万9150円。

(webCG)

ディスチャージヘッドランプ
ディスチャージヘッドランプ 拡大
専用携帯リモコンカバー
専用携帯リモコンカバー 拡大

関連キーワード:
MRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る