「マツダRX-8」が一部改良、快適装備と新色を追加

2009.05.25 自動車ニュース

「マツダRX-8」が一部改良、快適装備と新色を追加

マツダは、4シーターロータリースポーツ「RX-8」を一部改良、2009年5月25日に販売を開始する。

今回の改良では装備の見直しが図られ、オートライトシステム、レインセンサー付フロントワイパー、アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムなどが全車標準化された。

ボディカラーには新色が登場。シルバー系の「アルミニウムメタリック」とグレー系の「メトロポリタングレーマイカ」の2色を新たに加えた全7色から選べるようになった。

また、これまで呼び名のなかったベースグレードを「タイプG」と改めたほか、全車でオーディオレス仕様が標準となった。

価格は以下の通り。
タイプG(6AT):263.0万円
タイプE(6AT):297.0万円
タイプS(6MT):293.0万円
タイプRS(6MT):318.0万円

(webCG 依田)

「RX-8 タイプE」
「RX-8 タイプE」

関連キーワード:
RX-8マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8(6MT)【海外試乗記(前編)】 2003.1.22 試乗記 マツダRX-8(6MT)

    ついに発売へのカウントダウンが始まったロータリースポーツ「RX-8」。“4ドア4シータースポーツ”というコンセプトを掲げ、観音開きのドアをもつマツダのニューモデルはどうなのか? 自動車ジャーナリスト河村康彦による「RX-8試乗報告」、その前編。


  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
ホームへ戻る