第6戦モナコGP決勝結果【F1 09 速報】

2009.05.25 自動車ニュース

【F1 09 速報】第6戦モナコGP、バトン圧勝、ブラウン2戦連続の1-2フィニッシュ

F1世界選手権第6戦モナコGP決勝が、2009年5月24日、モンテカルロ市街地コース(3.34km)を78周して行われた。

優勝は、またしてもブラウン・メルセデスのジェンソン・バトン。難攻不落のモンテカルロでひとつのミスもなく、今シーズン5勝目を飾った。
ルーベンス・バリケロが2位でゴールし、ブラウンは2戦連続、3度目の1-2フィニッシュでライバルを蹴散らした。

3位は復調著しいフェラーリのキミ・ライコネン。伝統のチームは伝統の一戦で今年初めてポディウムの一角にのぼった。

4位にフェリッペ・マッサが入りスクーデリアはダブル入賞。これまでブラウンの好敵手をつとめてきたレッドブル・ルノーはモナコでは苦戦し、マーク・ウェバーは5位入賞、セバスチャン・ベッテルはリタイアに終わった。
6位ウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグ、7位ルノーのフェルナンド・アロンソ、そして8位にトロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ブルデーが入り、ポイントを獲得した。

以下、9位ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア・メルセデス)、10位ティモ・グロック(トヨタ)、11位ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、12位ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)、13位ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、14位エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、15位中嶋一貴(ウィリアムズ)が完走した。

チャンピオンシップでは、不動のポイントリーダー、バトンが51点で2位バリケロに16点の差をつけた。今回ノーポイントのベッテルが23点で3位を守る。
いっぽうコンストラクターズタイトル争いでも、ブラウンが86点もの大量得点で堂々の首位をキープ。2位レッドブルは42.5点とブラウンの2分の1の身の丈である。

次戦は6月7日、トルコGP。フェラーリ&マッサが大得意とするイスタンブールで、ブラウン&バトンがこの勢いを堅持できるか?

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。