第92回:本当のところ「イタリアで走ってるクルマ」は何? 大矢アキオ、捨て身の路上調査員!

2009.05.23 エッセイ

第92回:本当のところ「イタリアで走ってるクルマ」は何? 大矢アキオ、捨て身の路上調査員!

お昼どきの街なかで

イタリアの新車登録台数ランキングトップ3は、1位が「フィアット・プント/グランデプント」、2位が同「パンダ」、そして3位が「フォード・フィエスタ」である(2009年3月イタリア自動車工業会統計)。

しかし、それだけでイタリアの路上風景をイメージしてはいけない。理由は、当然のことながら「古いクルマもたくさん走っている」からだ。

そこで今のイタリアの路上ムードを読者の皆さんに伝えるべく、今週は大矢アキオ自ら路肩に立ち、街を走るクルマの統計をとってみることにした。
考えてみれば、ボクが住むシエナは、イタリアに110ある県庁所在地のひとつである。巨大都市でも田舎でもない、サンプル採取にもってこいの都市なのだ。

まずは、ユネスコ世界遺産にも指定されている旧市街で調査開始である。お昼休みで、みんなが家に一旦帰る12時台後半を狙った。30分間の通過車両数は126台で、結果は以下のとおり。

1位:フィアット・プント(初代および2代目) 5台
2位:フィアット・パンダ(新型) 4台

このあたりを見ると、冒頭のデータにかなり近い。
ただし、この2位のパンダと同じ台数で、「フォード・フィエスタ」「フィアット・ドブロ」(ミニSUV。「ルノー・カングー」のライバル車)、「フォルクスワーゲン・ポロ」「プジョー206」もやってきた。

入ってきた車両全体でみると、いちばん多かったのは、実はスクーターとバイクの43台であった。まあこれにはわけがある。イタリアの多くの旧市街の例にならい、シエナ中心部も住民や納品車以外の4輪車は入れないからだ。(参考記事)ついでにいうと4輪車も、道の狭さや車庫の大きさから小さなクルマが多くなる。
日本でブレイク中のハイブリッドは? というと、2代目「トヨタ・プリウス」のタクシーが1台通過しただけ。

まずはお昼の旧市街に立って調査開始。
まずはお昼の旧市街に立って調査開始。
旧市街は道が狭く、車庫も小さいのでコンパクトなクルマが多い。
旧市街は道が狭く、車庫も小さいのでコンパクトなクルマが多い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。