「ホンダ・フリード」、装備を見直し新発売

2009.05.22 自動車ニュース

「ホンダ・フリード」、装備を見直し新発売

本田技研工業は、コンパクトミニバン「フリード」の装備を見直すとともに、新グレード「ジャストセレクション」を追加し、2009年5月21日に発売した。

今回、全てのグレードで前席にマップランプを追加し、2〜3列目のグラブレールを全車標準とした。
さらに、7人乗り仕様車で、2列目キャプテンシートのスライド量を40mm拡大。5人乗りの「FLEX エアロ」には、ディスチャージヘッドライトとハーフシェイドフロントウィンドウを付与した。

同時に、GとGエアロの「Lパッケージ」とFLEXの「Fパッケージ」には代わり、さらに装備を充実させた「ジャストセレクション」が新たに設定された。

「G ジャストセレクション」は従来の「G Lパッケージ」に比べ、ディスチャージヘッドライトとマイクロアンテナが追加されており、同様に「Gエアロ ジャストセレクション」は「Gエアロ Lパッケージ」に15インチアルミホイールとハーフシェイドフロントウィンドウが、「FLEX ジャストセレクション」は「FLEX Fパッケージ」に左側パワースライドドアやイージークローサーなどがそれぞれ追加されている。

価格は、3列シート仕様車が「G」(FF/CVT)の169万9000円から「Gi エアロ」(FF/CVT)の226万6000円まで。2列シート仕様車が「FLEX」(FF/CVT)の164万5000円から「FLEXi エアロ」(FF/CVT)の223万3000円まで。

(webCG 関)

「ホンダ・フリード G ジャストセレクション」
「ホンダ・フリード G ジャストセレクション」 拡大

関連キーワード:
フリードホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード 2018.2.5 Honda車と過ごすプレミアムな休日<PR> コンパクトカー並みでボディーサイズに3列シートを実現。ホンダのコンパクトミニバン「フリード」は、家族の楽しみがギュッと詰まった一台だ。家族との“プレミアムな一日”を求め、富士急ハイランドまでのドライブに出掛けた。
ホームへ戻る