クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4360×1695×1495mm/ホイールベース=2600mm/車重=1140kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(140ps/6200rpm、17.5kgm/4000rpm)/燃費=16.6km/リッター(JC08モード)/価格=212万円(テスト車=236万5648円)

トヨタ・カローラ フィールダー1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)【試乗記】

ライバルは「ハチロク」!? 2012.11.24 試乗記 トヨタ・カローラ フィールダー1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)
……236万5648円

「若々しくダイナミックなワゴン」が「カローラ フィールダー」のテーマ。その中で最もスポーティーに仕立てられた「1.8S“AEROTOURER”」は、世が世ならスポーティーカーだった!? 箱根を目指した。

5ナンバー枠の功罪

「トヨタ・カローラ」のステーションワゴン版である「フィールダー」に乗るのは初めてだけれど、今年の初夏に乗ったセダン版の「カローラ アクシオ」、あれの1.3リッター版には「おおっ」と思った。
ふんわり軽い乗り心地、懐の深いハンドリング、音はパッとしないけれど黙々とパワーを供給する“黒子”エンジン……。あまり期待しないで乗ったら、ちょっと前のフランス車みたいな味わいがあった。

それでも「おおっ」が「おおっ、イエーイ!」にならなかったのは、外観のデザインが残念だったから。さすがにここまで枯れた雰囲気だとさびしい。そしてそのさびしさは、フィールダーでも同じだった。
すでに報道されているように、新型カローラのフロアパンは「ヴィッツ」などに使われているものをベースにしており、従来型に比べてアクシオで5cm、フィールダーで6cm、全長が短くなっている。それは別に悪いことではないけれど、全幅1700mm以内という5ナンバー枠のサイズにこだわった。これも悪いことではないけれど、それでいて後席スペースや荷室など、室内空間は広がっている。

サイズが小さくなったのに車内が広くなることは、もちろん悪いことではない。けれども、サイズを小さくしつつ室内空間を広げようとすると、デザインにしわ寄せがくる。キャラクターラインだとか抑揚のある面構成だとか、しゃれたことは言ってられなくなる。
結果、体が大きくなったのに小さい洋服を着ているような、ぱっつんぱっつんの窮屈なルックスになった。お兄ちゃんのお下がりの学生服を無理やり着せられて、つんつるてんになっている感じだ。

全幅1700mmにこだわらず、もう少しのびのびとした学生服を着せてあげればもっとすてきなのに……。そんな思いと、でも幅が狭いほうが日本では使いやすい、という思いがバトルする。バトルの結果は、「のびのび」の優勢勝ち。
自分としては、クルマのデザインをあきらめてしまうのは寂しい。自分のダサさを少しでもクルマに補ってほしいし、排気量さえ2000cc以下なら幅が5ナンバー枠を超えたって税金は変わらない。
そんなことを考えながら、140psの1.8リッターエンジンを搭載する「カローラ フィールダー1.8S」に乗り込む。

「カローラ フィールダー」には1.5と1.8が設定される。今回試乗したのは後者の「1.8S“AEROTOURER”」というグレード。フロントスポイラー&リップスポイラーなどのエアロパーツやフォグランプが備わる。
「カローラ フィールダー」には1.5と1.8が設定される。今回試乗したのは後者の「1.8S“AEROTOURER”」というグレード。フロントスポイラー&リップスポイラーなどのエアロパーツやフォグランプが備わる。 拡大
1.8リッターモデルではステアリングとシフトノブが革巻きになり、インパネ中央部にカーボン調のパネルが用いられる。いかにも“走りそう”なインテリアだが、色の設定が黒1色というのは少しさびしい気も。
1.8リッターモデルではステアリングとシフトノブが革巻きになり、インパネ中央部にカーボン調のパネルが用いられる。いかにも“走りそう”なインテリアだが、色の設定が黒1色というのは少しさびしい気も。 拡大
“AEROTOURER”では、エアロパーツがボディーの下端をぐるりと1周する。ルーフレールは全グレードで3万1500円のオプション。
“AEROTOURER”では、エアロパーツがボディーの下端をぐるりと1周する。ルーフレールは全グレードで3万1500円のオプション。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

1.8リッターは“アンチエイジング”エンジン!

エンジンをスタートして、軽くアクセルペダルに足を載せてびっくり。「フォン!」と乾いた威勢のいい音が響いて、明るく楽しい気分になったからだ。エンジンのピックアップも鋭く、3000rpm以下の回転域でもアクセル操作に対する反応は敏感で気分が盛り上がる。
速いのは音と雰囲気だけでなく、ヨーイドンをしても速い。これはあまり書きたくなかったけれど、アクセルペダルを踏んだり離したりしてエンジン回転をコントロールしていると、若返ったような気になった。アクシオの1.3リッター“黒子”エンジンとはまるで異なる、1.8リッター“アンチエイジング”エンジンだ。

エンジンが活発で反応がシャープだから、シフトセレクターをパタンと右側に倒してマニュアル操作をするのも楽しい。マニュアル操作といってもこのクルマのトランスミッションはギアを用いないCVT(無段変速機)なので、変速は電気信号による疑似的なものだ。それでもウソッコという感じはなくて、エンジン回転を積極的にコントロールする楽しみが味わえる。
シフトセレクターの根元にあるスポーツモードのスイッチを押すと、高いエンジン回転数をキープするようになり、アクセル操作に対する反応が一段と鋭くなる。

足まわりも、活気のあるパワートレインに見合ったものだ。そもそもフィールダーはアクシオよりスポーティーな設定となっているうえに、1.8リッターエンジン搭載モデルはそのパワーに合わせたしっかりとしたセッティングになっている。

といっても、がっちがちに固められているわけではなく、コーナリング中は外輪がスムーズに沈み込む。沈み込むのだけれど、ある一線から先は芯の強さを発揮して、安定した姿勢を保つ。
強さとしなやかさがほどよくバランスしているうえに、路面の悪い区間をまずまずのスピードで強行突破しても、サスペンションが路面からの突き上げを吸収する。総じて、懐の深い足まわりだという印象だ。それでもひとつ、ワインディングロードで残念だったことがある。

1.8リッターユニットはバルブマチック(吸気バルブリフトの連続可変機構)の改良により、力強さと好燃費を両立したとうたわれる。
1.8リッターユニットはバルブマチック(吸気バルブリフトの連続可変機構)の改良により、力強さと好燃費を両立したとうたわれる。 拡大
1.8リッターモデルのCVTにはスポーツモードが用意され、さらに7段のマニュアルシフトで楽しめる「スポーツシーケンシャルシフトマチック」が採用される。
1.8リッターモデルのCVTにはスポーツモードが用意され、さらに7段のマニュアルシフトで楽しめる「スポーツシーケンシャルシフトマチック」が採用される。 拡大
バックドアは樹脂製で、操作感が軽い。荷室容量は5人乗車時が407リッター。最大で872リッターまで拡大できる。(写真をクリックするとシートが倒れる様子が見られます)
バックドアは樹脂製で、操作感が軽い。荷室容量は5人乗車時が407リッター。最大で872リッターまで拡大できる。(写真をクリックするとシートが倒れる様子が見られます)
拡大

若者にこそオススメだが……

それは、ステアリングを切り始める瞬間の手応えが曖昧だということだ。この日はたまたまフランス製ハッチバック車も同じ場所に居合わせた。スポーティーグレードでもなんでもない、普通のグレードだったけれど、切り始めの手応えはフランス車のほうが好ましかった。こちらが硬式テニスのボールを打ち返した感じであるのに対して、カローラ フィールダーは軟式テニスのボールを打った時の「うんにゃ」という手応えだった。

ひとつ発見だったのは、カローラ フィールダーのシートがよかったことだ。たっぷりしたサイズで、包み込むように体をホールドしてくれる。少し張り出したサイドサポートも見かけだけでなく、コーナーでしっかり体を支える。何時間乗り続けても、体のどこかが疲れるということもない。

全体に、アクシオとはまったく性格が異なるクルマに仕上がっていて、こんなにアグレッシブなカローラもあるんだと思った。経済誌『Forbes』によれば、2011年に世界で一番売れたクルマはカローラで、その数102万台(ちなみに2位は「ヒュンダイ・エラントラ」の101万台)。世界中で売れる理由は、仕向け地ごとにカメレオンのように変幻自在の仕様を生産するからだと『Forbes』は分析するけれど、日本国内向けでもセダンとワゴンを見事に作り分けている。
フィールダーのシートに腰掛けて、スポーティーなエンジンとハンドリングを味わっていると、自分がいま20代だったら、こんな選択もアリかもなどと考える。いかにもクルマらしいクルマだ。

けれども試乗を終えて、クルマから降りて外観を眺めると……。
先日、仕事の用事で何年かぶりに土曜日の夕方に原宿を歩いた。祭りでもあるのかと思うほど賑(にぎ)わっていて、しかも半径500mでは自分が最年長だと思うほど若い人が多かった。そこでつくづく感じたのは、ここ20年か30年で男の子も女の子も格段にカッコよくなったということだ。パステルカラーの天の羽衣みたいなストールを巻いた男の子がカローラ フィールダーに乗る姿は、やっぱり想像できない。

(文=サトータケシ/写真=高橋信宏)

“AEROTOURER”グレードでは、前席が専用のスポーツシートに。運転席にのみ、クッションの高さ調整機能が付く。
“AEROTOURER”グレードでは、前席が専用のスポーツシートに。運転席にのみ、クッションの高さ調整機能が付く。 拡大
後席の背もたれは最大16度まで、8段階のリクライニングが可能。
後席の背もたれは最大16度まで、8段階のリクライニングが可能。 拡大
「カローラ フィールダー」には、全モデルにVSC(横滑り防止装置)とTRC(トラクションコントロール)が標準で装備される。このあたりは、さすがに世界のベストセラーだけあって世界基準だ。
「カローラ フィールダー」には、全モデルにVSC(横滑り防止装置)とTRC(トラクションコントロール)が標準で装備される。このあたりは、さすがに世界のベストセラーだけあって世界基準だ。 拡大
【テスト車のオプション装備】 185/60R15 84Hタイヤ&15×5 1/2Jアルミホイール(センターオーナメント付き)=4万7250円/ルーフレール=3万1500円/カジュアルナビ=12万9150円/バックガイドモニター=2万7300円/ETC車載器ビルトインタイプ=1万448円
【テスト車のオプション装備】 185/60R15 84Hタイヤ&15×5 1/2Jアルミホイール(センターオーナメント付き)=4万7250円/ルーフレール=3万1500円/カジュアルナビ=12万9150円/バックガイドモニター=2万7300円/ETC車載器ビルトインタイプ=1万448円
拡大

関連キーワード:
カローラ フィールダートヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事