「スズキ・セルボ」、内外装を一部変更

2009.05.21 自動車ニュース

「スズキ・セルボ」、内外装を一部変更

スズキは、軽乗用車「セルボ」を一部改良し、2009年5月20日に発売した。

今回の主な変更点は、外観の化粧直しと内装の質感アップだ。

外観は、NAモデル「G」「Gリミテッド」のフロントバンパーとフロントグリルの意匠を変更したほか、ターボモデル「TX」には、上級グレード「SR」と共通のフロントエアロバンパーとグリルが採用された。また、「SR」の14インチアルミホイールもあらためられた。

内装は、シート表皮を変更するとともに、新デザインの本革ステアリングホイールを採用。一部グレードには、ステアリングホイールにオーディオスイッチの採用や、USB接続に対応したCDプレーヤーの装備、オーディオガーニッシュにシルバー塗装を施すなどされた。

ボディカラーは、新色のブリーズブルーメタリック(水色)、ブルームピンクメタリック(淡いピンク)、ルナグレーパールメタリック(濃銀)を含め全7色を用意。
価格は、NAモデルが99万5400円(FF)から126万5250円(4WD)、ターボモデルは131万400円(FF)から154万5600円(4WD)。

(webCG ワタナベ)

「セルボ Gリミテッド」
「セルボ Gリミテッド」
「セルボ TX」
「セルボ TX」
「セルボ TX」のインパネ。
「セルボ TX」のインパネ。

「スズキ・セルボ」、内外装を一部変更の画像

関連キーワード:
セルボスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る