スズキ「SX4」、エンジンなど一部改良

2009.05.21 自動車ニュース

スズキ「SX4」、エンジンなど一部改良

スズキは2009年5月20日、コンパクトクロスオーバー「SX4/SX4セダン」に、内外装の変更やエンジン出力を高めるなどの改良を施し、同日販売を開始した。

今回の変更では、シートとドアトリム表皮の変更や、アームレストにソフトパッドを追加するなど、内装に手が加えられただけでなく、使い勝手に配慮した改良が行われた。たとえば、LEDターンランプ付きドアミラーや自発光式メーターパネル、照明付きステアリングオーディオスイッチの採用、メーター内のインフォメーションディスプレイ設置や、フルオートエアコンの操作部への液晶パネル追加などである。

ハッチバックの「SX4」では、これらに加え、リアシート収納方法の変更と荷室ボードが追加されることで、荷室がフラットに使えるなどの改良も施された。

1.5リッター直4エンジンに可変吸気システムが採用されたのもニュース。これにより、最高出力は1psアップの111psに、最大トルクは0.2kgmアップの14.8kgmに変更された。
なお新エンジン採用と同時に、2リッターエンジン搭載グレードはカタログから落とされ、ラインナップは1.5リッターモデルのみとなった。

価格は「SX4」が165万9000円から186万9000円、「SX4セダン」が166万9500円。

(webCG 本諏訪)

「スズキSX4 1.5XG」
「スズキSX4 1.5XG」
 
スズキ「SX4」、エンジンなど一部改良の画像
「スズキSX4セダン 1.5G」
「スズキSX4セダン 1.5G」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
ホームへ戻る