スズキ「SX4」、エンジンなど一部改良

2009.05.21 自動車ニュース

スズキ「SX4」、エンジンなど一部改良

スズキは2009年5月20日、コンパクトクロスオーバー「SX4/SX4セダン」に、内外装の変更やエンジン出力を高めるなどの改良を施し、同日販売を開始した。

今回の変更では、シートとドアトリム表皮の変更や、アームレストにソフトパッドを追加するなど、内装に手が加えられただけでなく、使い勝手に配慮した改良が行われた。たとえば、LEDターンランプ付きドアミラーや自発光式メーターパネル、照明付きステアリングオーディオスイッチの採用、メーター内のインフォメーションディスプレイ設置や、フルオートエアコンの操作部への液晶パネル追加などである。

ハッチバックの「SX4」では、これらに加え、リアシート収納方法の変更と荷室ボードが追加されることで、荷室がフラットに使えるなどの改良も施された。

1.5リッター直4エンジンに可変吸気システムが採用されたのもニュース。これにより、最高出力は1psアップの111psに、最大トルクは0.2kgmアップの14.8kgmに変更された。
なお新エンジン採用と同時に、2リッターエンジン搭載グレードはカタログから落とされ、ラインナップは1.5リッターモデルのみとなった。

価格は「SX4」が165万9000円から186万9000円、「SX4セダン」が166万9500円。

(webCG 本諏訪)

「スズキSX4 1.5XG」
「スズキSX4 1.5XG」 拡大
 
スズキ「SX4」、エンジンなど一部改良の画像 拡大
「スズキSX4セダン 1.5G」
「スズキSX4セダン 1.5G」 拡大

関連キーワード:
SX4SX4セダンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • 第82回:無段変速車ボクメツ宣言 2018.3.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。
  • 第81回:愚の骨頂 2018.3.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第81回は「愚の骨頂」。「スイフトスポーツ」を国民車に! と意気込む筆者だったが、そこには大きな壁が。MTが約7割を占めるカーマニア向けモデルが国民車の地位を獲得することは、可能なのか!?  
ホームへ戻る