クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】2.0 TFSI クワトロ:全長×全幅×全高=4650×1900×1660mm/ホイールベース=2810mm/車重=1900kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)/価格=569.0万円(テスト車=709.0万円/S-lineパッケージ=48.0万円/電動パノラマサンルーフ=24.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/オートマチックテールゲート=9.0万円/アウディドライブセレクト=44.0万円)

アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】

家族にモテるSUV 2009.05.21 試乗記 アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)
……709.0万円/794.0万円

「アウディA4」のSUV版たる「Q5」が、欧州での発売から8カ月あまりを経てようやく上陸。その走りを日本の道で試してみた。

第2のQ

アウディが“パフォーマンスSUV”として新しい境地を拓く「Qファミリー」。その第2弾となる「Q5」が日本に上陸した。

Qファミリーといえば、「ポルシェ・カイエン」や「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」と兄弟関係にある「Q7」がその先駆け。SUVの使い勝手の良さを維持しながら、デザインや走りの面でSUV臭さを拭い去ったのが特徴で、アウディは、従来のSUVとの違いをパフォーマンスSUVという言葉で表現している。

そんなQファミリーにとって、待望の第2子が誕生した。その名はQ5。「A4/A5」シリーズをベースに仕立て上げられたこのニューモデルは、兄貴分のQ7に比べるとはるかに扱いやすいサイズ、具体的には全長4630×全幅1900×全高1650mmにまとめられているのが特徴。さらに、A4/A5シリーズに投入されている最新のパワートレインやフルタイム4WDシステム「クワトロ」を武器に、「BMW X3」や「メルセデス・ベンツGLK」というライバルに戦いを挑む。


アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像 拡大
オプション「S-lineパッケージ」を選ぶと、スポーツシートやステアリングホイールのほか、前後バンパーやサスペンション、アルミホイールなどが専用品となる。
オプション「S-lineパッケージ」を選ぶと、スポーツシートやステアリングホイールのほか、前後バンパーやサスペンション、アルミホイールなどが専用品となる。 拡大
荷室の容量は540〜1560リッター。リアシートは荷室側のノブで倒すことができる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます。
荷室の容量は540〜1560リッター。リアシートは荷室側のノブで倒すことができる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます。 拡大

全グレードにSトロニックを採用

日本でのラインナップは、2リッター直4ターボを積む「Q5 2.0 TFSI クワトロ」(569万円)と、3.2リッターV6を採用する上級グレード「Q5 3.2 FSI クワトロ」(660万円)のふたつ。A5のラインナップとよく似ているが、A5では2.0 TFSIにデュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニック、3.2 FSIにトルコンタイプの6段オートマチックを組み合わせるのに対し、Q5では全グレードに7段Sトロニックを採用するのが異なるところ。新しい技術を出し惜しみしないのがアウディ流である。

グレード名からわかるように、Q5の駆動方式はすべてフルタイム4WDだ。システムはA4/A5と同じ最新型のクワトロで、セルフロッキング機構を持つセンターデフにより、通常は前40%、後60%にトルクを配分し、状況によっては前20〜60%(後80〜40%)の範囲でトルク配分を調整して、トラクションを確保する。しかし、スイッチの操作などでセンターや前後のデフをロックする機能は備わらず、オフロードの走破性よりは、オンロードの走りを重視するクルマということが容易に想像できる。

それは、Q5のデザインにも表れている。短い前後オーバーハングや高めの最低地上高など、SUVとしての基本はきちんと押さえつつ、遠目には「A4アバント」を思わせるスタイリッシュなフォルムが印象的だ。コックピットもA4と同様に、スポーティで質感が高い仕上がり。視点が高く見晴らしが良好なことを除けば、いつものアウディと変わらないというわけだ。

「Q5 2.0 TFSI クワトロ」に積まれる、ターボ付きの2リッター直4ユニット。NAのV6のモデルをも凌ぐ、35.7kgmの大トルクを発生する。
「Q5 2.0 TFSI クワトロ」に積まれる、ターボ付きの2リッター直4ユニット。NAのV6のモデルをも凌ぐ、35.7kgmの大トルクを発生する。 拡大
「3.2 FSI クワトロ」(写真)の10・15モード燃費は、9.1km/リッターとなっている。「2.0 TFSI クワトロ」の同値は、10.6km/リッター。
「3.2 FSI クワトロ」(写真)の10・15モード燃費は、9.1km/リッターとなっている。「2.0 TFSI クワトロ」の同値は、10.6km/リッター。 拡大

アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像 拡大

運転が楽しい

運転してみると、予想以上の快適さとスポーティさに舌を巻いた。試乗したのは、Q5 2.0 TFSI クワトロで、専用スポーツサスペンションや19インチホイールを含む「S-lineパッケージ」と、ダイナミックステアリング、パワートレイン、連続可変ダンパーシステムの特性が変更できる「アウディ ドライブセレクト」などのオプションが装着されるクルマだった。

走り出すと、まるでA4アバントを運転している感覚である。背の高いクルマにありがちなボディの揺れをしっかり抑え込み、落ち着き払った挙動を示すのだ。スポーツサスペンションを搭載するということで相当硬い乗り心地を覚悟していたが、実際はそんなことはなく、確かに硬めではあるが十分に快適なのも印象を良くしている。高速道路では、スピードを上げるにつれてボディの上下動が気になることもあるのだが、そんなときにはアウディ ドライブセレクトで“ダイナミックモード”を選べばビシッとするから問題ない。クワトロらしく、直進安定性には文句の付けようがない。

ワインディングロードにも足を踏み入れてみた。こういう場面は不得意かと諦めていたが、思いのほか軽快な動きを見せたのはうれしい誤算である。A4/A5シリーズで好評の新しいプラットフォームや、後輪により多くのトルクを配分するクワトロ、そして、電子制御ダンパーなどが上手く働いているのだろう。スピードを上げたとき重すぎるステアリングだけはぜひとも改善をお願いしたいが、それでも、スポーティさと快適さのバランスが高いQ5は、運転が楽しいクルマだったのだ。

テールランプは、LED式。急ブレーキ時にはハザードランプが点り、後続車に注意を促す。
テールランプは、LED式。急ブレーキ時にはハザードランプが点り、後続車に注意を促す。 拡大
モータージャーナリストの生方聡氏。
モータージャーナリストの生方聡氏。 拡大
アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像 拡大

V6も魅力的だが……

2リッターターボと7段Sトロニックの組み合わせもなかなかの出来映えだ。オプションの電動パノラマサンルーフが付いた試乗車は、車両重量が1900kgジャストと、A4アバントより170kgも重いせいか、出足こそ穏やかな印象だが、エンジンの回転数が1500rpmを超えたあたりからは頼もしさを増し、幅広い回転域で力強いところを見せてくれる。

一方、あとで試した3.2 FSI クワトロは、出足に余裕があり、常用域のレスポンスやトルクは十分。さらに、4000rpm以降の伸びが感じられる特性が魅力的で、2.0 TFSIクワトロ以上にスポーティに思えた。ただ、最大トルクで3.2リッターV6を凌ぐ2リッターターボは、燃費性能も優れるということもあり、私なら迷わず2.0 TFSI クワトロを選ぶだろう。

走り以外の部分では、リクライニング機能が備わるリアシートや、室内に開放感をもたらす電動パノラマサンルーフが、Q5をさらに魅力的にする。A4アバントに比べると奥行きが短いとはいえ、荷室の広さも十分だ。そのうえセダンやステーションワゴンよりも高い走破性を誇り、運転もしやすく、そして何やら楽しげな雰囲気のQ5。きっと家族ウケもいいだろうなぁと考えると、ちょっと贅沢かもしれないが、ファミリーカーとして手に入れたくなる一台である。

(文=生方聡/写真=荒川正幸)

こちらは「3.2 FSI クワトロ」のV6ユニット。0-100km/h加速6.9秒のパフォーマンスを発揮する。
こちらは「3.2 FSI クワトロ」のV6ユニット。0-100km/h加速6.9秒のパフォーマンスを発揮する。 拡大
専用のルーフラック(写真)を取り付けると、車体側のセンサーが反応。重心の変化を見越して、車両の挙動を安定させるESPの介入を早める。
専用のルーフラック(写真)を取り付けると、車体側のセンサーが反応。重心の変化を見越して、車両の挙動を安定させるESPの介入を早める。 拡大
【スペック】3.2 FSI クワトロ:全長×全幅×全高=4650×1900×1660mm/ホイールベース=2810mm/車重=1960kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(270ps/6500rpm、33.7kgm/3000-5000rpm)/価格=660.0万円(テスト車=794.0万円/S-lineパッケージ=42.0万円/電動パノラマサンルーフ=24.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/オートマチックテールゲート=9.0万円/アウディドライブセレクト=44.0万円)
【スペック】3.2 FSI クワトロ:全長×全幅×全高=4650×1900×1660mm/ホイールベース=2810mm/車重=1960kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(270ps/6500rpm、33.7kgm/3000-5000rpm)/価格=660.0万円(テスト車=794.0万円/S-lineパッケージ=42.0万円/電動パノラマサンルーフ=24.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/オートマチックテールゲート=9.0万円/アウディドライブセレクト=44.0万円) 拡大

関連キーワード:
Q5アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事