【スペック】2.0 TFSI クワトロ:全長×全幅×全高=4650×1900×1660mm/ホイールベース=2810mm/車重=1900kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)/価格=569.0万円(テスト車=709.0万円/S-lineパッケージ=48.0万円/電動パノラマサンルーフ=24.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/オートマチックテールゲート=9.0万円/アウディドライブセレクト=44.0万円)

アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】

家族にモテるSUV 2009.05.21 試乗記 アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)
……709.0万円/794.0万円

「アウディA4」のSUV版たる「Q5」が、欧州での発売から8カ月あまりを経てようやく上陸。その走りを日本の道で試してみた。

第2のQ

アウディが“パフォーマンスSUV”として新しい境地を拓く「Qファミリー」。その第2弾となる「Q5」が日本に上陸した。

Qファミリーといえば、「ポルシェ・カイエン」や「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」と兄弟関係にある「Q7」がその先駆け。SUVの使い勝手の良さを維持しながら、デザインや走りの面でSUV臭さを拭い去ったのが特徴で、アウディは、従来のSUVとの違いをパフォーマンスSUVという言葉で表現している。

そんなQファミリーにとって、待望の第2子が誕生した。その名はQ5。「A4/A5」シリーズをベースに仕立て上げられたこのニューモデルは、兄貴分のQ7に比べるとはるかに扱いやすいサイズ、具体的には全長4630×全幅1900×全高1650mmにまとめられているのが特徴。さらに、A4/A5シリーズに投入されている最新のパワートレインやフルタイム4WDシステム「クワトロ」を武器に、「BMW X3」や「メルセデス・ベンツGLK」というライバルに戦いを挑む。


アウディQ5 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)/3.2 FSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像
オプション「S-lineパッケージ」を選ぶと、スポーツシートやステアリングホイールのほか、前後バンパーやサスペンション、アルミホイールなどが専用品となる。
オプション「S-lineパッケージ」を選ぶと、スポーツシートやステアリングホイールのほか、前後バンパーやサスペンション、アルミホイールなどが専用品となる。
荷室の容量は540〜1560リッター。リアシートは荷室側のノブで倒すことができる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます。
荷室の容量は540〜1560リッター。リアシートは荷室側のノブで倒すことができる。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る