ハイブリッド技術展示が熱い!〜人とクルマのテクノロジー展2009

2009.05.20 自動車ニュース

ハイブリッド技術展示が熱い!〜人とクルマのテクノロジー展2009

2009年5月20日、神奈川県パシフィコ横浜で、毎年恒例の「人とクルマのテクノロジー展2009」が幕を開けた。

自動車メーカーをはじめ、部品メーカー、材料メーカー、計測・解析機器メーカーなどが最新の自動車技術を展示する「人とクルマのテクノロジー展」。ここ数年は毎年拡大傾向にあったが、18回目を迎えた今回は、やはり自動車不況の影響であろう、前回より開催規模が縮小していた。出展者数320社・735小間という数字を、過去最高だった前回の392社・982小間と比較すると、2割以上減少したことになる。
とはいうものの、もともと装飾的な要素には乏しい真面目な技術展であるせいか、会場を歩いていて前回より展示が寂しくなったとか、来場者が減っているような印象は受けなかった。

出展内容についていえば、時代を反映してここ数年来環境関連の技術展示が多かったが、今年はさらに比重を増していた。なかでも目立っていたのは、2代目「ホンダ・インサイト」と、3代目「トヨタ・プリウス」の登場によって、メディアにおける扱いが過熱気味と思える、ハイブリッド車に関する技術。自動車メーカー、部品メーカー、そして電機メーカーが、それぞれ関連技術を展示していた。

この「人とクルマのテクノロジー展2009」は、5月22日まで開催されている。開場時間は10時から17時まで、会場で参加登録をすれば、入場は無料。詳しくは公式サイト(http://www.jsae.or.jp)を参照のこと。

(文と写真=田沼 哲)

自動車メーカーでもっとも力が入っていたホンダのブースにて、「インサイト」のカットモデル。ほかにホンダのハイブリッドシステムである「IMA」のカットモデルも展示されていた。
自動車メーカーでもっとも力が入っていたホンダのブースにて、「インサイト」のカットモデル。ほかにホンダのハイブリッドシステムである「IMA」のカットモデルも展示されていた。
アイシンのブースに展示されていた、新型プリウス用「電動ウォーターポンプ」。エンジン駆動による従来の形式と比べ、コンパクトでパワーロスがなく、エンジンの暖機時間も短縮できるため、燃費の向上に貢献するという。
アイシンのブースに展示されていた、新型プリウス用「電動ウォーターポンプ」。エンジン駆動による従来の形式と比べ、コンパクトでパワーロスがなく、エンジンの暖機時間も短縮できるため、燃費の向上に貢献するという。
東芝のハイブリッド車用モーター/発電機。左が「フォード・エスケープ」、右が「フォード・フュージョン」に採用されているもの。なお東芝は、フォルクスワーゲンと次世代電気自動車の開発に関して協力することが発表されている。
東芝のハイブリッド車用モーター/発電機。左が「フォード・エスケープ」、右が「フォード・フュージョン」に採用されているもの。なお東芝は、フォルクスワーゲンと次世代電気自動車の開発に関して協力することが発表されている。
従来比1.7倍の高出力を可能にしたという、日立の「HEV用リチウムイオン電池(第4世代)」。さまざまな空間に搭載できるよう、サイズは120×90×18mmとコンパクト。
従来比1.7倍の高出力を可能にしたという、日立の「HEV用リチウムイオン電池(第4世代)」。さまざまな空間に搭載できるよう、サイズは120×90×18mmとコンパクト。
矢崎総業のハイブリッド車やEV用「高電圧電源分配システム」。過去に市販されたハイブリッド乗用車のほぼすべてと、一部のEVに採用されたという実績を誇る。
矢崎総業のハイブリッド車やEV用「高電圧電源分配システム」。過去に市販されたハイブリッド乗用車のほぼすべてと、一部のEVに採用されたという実績を誇る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る