ラクシャリー&スポーツの「マセラティ・クアトロポルテ スポーツGTS」発売

2009.05.20 自動車ニュース

ラクシャリー&スポーツの「マセラティ・クアトロポルテ スポーツGTS」発売

伊マセラティの日本総代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは2009年5月20日、4ドアサルーン「クアトロポルテ」の最上級グレードとなる「スポーツGTS」を発表した。

2009年1月のデトロイトショーでデビューした「クアトロポルテ スポーツGTS」が日本に上陸した。スポーティグレードとなる「クアトロポルテS」をベースに、さらに「ラクシャリースポーツセダン」色を高めたモデルである。

外観で目を引くのは、大型化されたエアインテークと、ブラックアウトされたグリルのスリット。他のグレードが膨らんだグリル形状を持つのに対し、同モデルは「グラントゥーリズモS」などと同様の、窪んだグリルを持つのも特徴だ。さらに、グリル中央に備わるトライデントエンブレムには、歴代のスポーツモデルのみに許される、赤いアクセントが施される。
専用デザインの20インチホイールや、左右2本出しのオーバルエグゾーストパイプ、ボディ同色のドアハンドルなども、最上級グレードの識別点としてあげられる。

エンジンは「クアトロポルテS」と同型の4.7リッターV8ユニットながら、排気システムの効率化を図るなどし、最高出力は10psアップの440psに変更された。最大トルクは50.0kgm。インパネ内にある「スポーツ」ボタンを押すことで、エグゾーストサウンドがスポーティに変化するのは「グラントゥーリズモS」同様の仕掛けだ。
トランスミッションも「クアトロポルテS」譲りの6段ATであるが、マネージメントソフトウェアを換えることで、より素早いギアチェンジを実現したという。なお、ステアリングホイール裏のシフトパドルも、新デザインとなった。

足まわりも手が加えられ、スカイフック制御の電子制御ダンパーを持つ「S」とは異なる、シングルレートのダンパーに換装された。スプリングレートはフロント30%、リア10%固められたものを採用。車高は25mm低められた。

価格は「クアトロポルテS」より100.0万円高い1695.0万円。デリバリー開始は、2009年8月以降になるそうだ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る