20万円カー「タタ・ナノ」、受注開始1カ月後の予約状況は?

2009.05.20 自動車ニュース

20万円カー「タタ・ナノ」、受注開始1カ月後の予約状況は?

10万ルピー(約20万円)という破格値で話題を呼んだ、「タタ・ナノ」の予約受付開始から約1カ月が経過した。はたしてナノの受注状況は?

■競争率は2倍

2009年3月23日に、インドで受注が開始された「タタ・ナノ」。約10万ルピー(約20万円)からというプライスタグが付けられたナノの注文は、発売から約1カ月で20万件を突破した。

タタ・モーターズは、インドの自動車メーカーとして初めてウェブサイト上で予約受付を行った。その結果、ウェブサイトのアクセス数は4月25日の受付終了時までに3000万ヒットを記録したという。また、実車を一目見ようと販売店に訪れたユーザー数は、140万人に及んだそうだ。最終的に、ナノの申し込み件数は20万3000件を数えた。

しかし、ナノの初期ロットの生産予定台数は10万台に限られるため、注文者の約半分はこの枠から漏れることになる。抽選結果は、予約締め切りから60日以内に発表され、抽選に漏れた場合は、次のロットまでそのまま待つか、キャンセルするかを選ぶことができる。初期ロット分の配車は、2009年7月に始まり、2010年の第4四半期に完了する予定となっている。

タタ・モーターズの発表によると、20万3000件の応募者のうち約7割がローン払いで、残り3割は現金での支払いを希望したという。注文をグレード別に見ると、「ベーシックグレード」(約25万円 ※地域により価格が異なる)が2割、中級グレードの「CX」(約30万円)が3割、上級グレードの「LX」(約35万円)が5割。低価格を最大の特徴とするナノだが、購入者の半数は装備の充実した上級モデルを選んでいるようだ。

(webCG 曽宮)

タタ・ナノ
20万円カー「タタ・ナノ」の受注状況

20万円カー「タタ・ナノ」の受注状況

20万円カー「タタ・ナノ」の受注状況

20万円カー「タタ・ナノ」の受注状況

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。