メルセデス「Rクラス」、COMANDシステムなどを追加

2009.05.20 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ「Rクラス」、COMANDシステムなどを追加

メルセデス・ベンツ日本は、ミニバン「Rクラス」を一部改良し、2009年5月19日に発売した。

エクステリアは、フロントグリルをハイグロスブラック仕上げに変更。インテリアは、4スポークステアリングホイールの採用に加え、センターコンソールに備わるナビゲーションシステムが、DVDタイプからHDDタイプにアップグレードされ、テレビも地上デジタル対応となった。さらに、ミュージックレジスターなどの操作系を集約した「COMANDシステム」を新たに採用し、利便性と機能性を高めたという。

上級モデル「R550 4MATIC」では、キーを携帯しているだけで、ドアの開錠/施錠および、ボタン操作でエンジン始動ができる「キーレスゴー」を標準装備とした。「R350 4MATIC」ではオプション設定となる。

安全面では、緊急ブレーキ時にブレーキライトが点滅し、後続車に危険を知らせる「アダプティブブレーキライト」が追加装備された。

価格は、R350 4MATIC(右ハンドル)が12.0万円アップで789.0万円、R550 4MATIC(左ハンドル)は32.0万円アップで1082.0万円となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
Rクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン、「パサート」のディーゼルモデルを日本に導入 2017.10.11 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2017年10月11日、「パサート/パサートヴァリアント」のディーゼルエンジン搭載モデル「2.0 TDI」を日本市場に導入すると発表した。2018年初めの発売を予定している。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース