200万円以下の多目的車「NV200バネット」登場

2009.05.19 自動車ニュース

200万円以下の多目的車「NV200バネット」登場

日産自動車は、新しい乗用ワゴン/商用バン「NV200バネット」を設定し、2009年5月21日に販売を開始する。

NV200バネットは、小型バン市場を狙って開発されたグローバルコンパクトバン。日本のほか、欧州や中国でも販売が予定されている。

デザインは、フロント周りの意匠やウエストラインの処理など、一部「セレナ」を想わせる部分があるが、ボディは完全な専用設計。サイズは、全長×全幅×全高=4400×1695×1855mm。セレナと全幅と全高はほとんど変わらず、全長はNV200バネットのほうが340mm短い。

バンには、2人乗り(1列シート)と5人乗り(2列シート)が用意される。積載重量は600kg。最大荷室容量は3700リッター。2人乗りでは、助手席シート下のスペースを利用すると最長3mの長物も積載できるという。

7人乗り(3列シート)のワゴンは、セカンドシートの前方折り畳みと、サードシートの横跳ね上げ格納が可能。セカンド&サードシートを折り畳んだ状態では、26インチのマウンテンバイクを3台積めるという。

搭載エンジンは、最高出力109ps、最大トルク15.5kgmを発生する1.6リッター「HR16DE」。トランスミッションは、5段MTと4段ATを選ぶことができる(ワゴンはATのみ)。10・15モード燃費は、13.2〜14.8km/リッターとなっている。

価格は、バンが157万2900円から189万9450円、ワゴン「16S」は186万3750円。

なお、従来のバネットは、トラックやディーゼルモデルなど、新型NV200バネットに設定のないモデルが継続販売される。

(webCG 曽宮)

ワゴン16S
ワゴン16S
ワゴン16S
ワゴン16S
バンGX
バンGX
バンGX
バンGX

関連キーワード:
NV200バネット日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード 2014.9.3 自動車ニュース 日産が「NV200バネット ワゴン」の仕様を変更。上級グレードを追加設定した。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • 日産NV200 ニューヨーク市タクシー 2013.10.9 画像・写真 間もなく本格稼働開始!「日産NV200」の“イエローキャブ”仕様を写真で紹介する。
ホームへ戻る