2代目「トヨタ・プリウス」、189万円で販売継続

2009.05.19 自動車ニュース

2代目「トヨタ・プリウス」、189万円で販売継続

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」について、先代モデルの継続販売を決定した。グレードを「EX」とし、2009年6月8日に発売する。

2009年5月18日にフルモデルチェンジし、3代目となった「トヨタ・プリウス」。その先代モデルも、主にビジネスユースでの市場ニーズが高いとの判断から、継続して販売されることになった。新旧2モデルの併売は、トヨタ初だという。

グレードは、「EX」1種類に集約。カラーリングもエクステリアが白、銀、黒系の3色、インテリアはグレー1色と簡素化された。
エアバッグやエアコンといった基本装備はそのままに、フロントフォグランプやホイールキャップをオプション扱いとするなど、装備の見直しを図り、価格を(ホンダのハイブリッドカー「インサイト」と同じ)189.0万円に設定した。

取り扱いは、全国のトヨタ店とトヨペット店。月間の目標販売台数は合わせて2000台としている。


(webCG 関)

「プリウス EX」
「プリウス EX」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・カローラ アクシオ 1.5G/カローラ フィールダー ハイブリッドG“AEROTOURER”【試乗記】 2015.5.5 試乗記 デビューから3年を経て、トヨタのセダン「カローラ アクシオ」とワゴン「カローラ フィールダー」にマイナーチェンジが施された。内外装のみならず、パワーユニットから安全装備まで手を入れられた、最新型の実力やいかに? 都内の一般道で試乗した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
ホームへ戻る