【スペック】全長×全幅×全高=4455×1820×1430mm/ホイールベース=2610mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=420.0万円(テスト車=同じ)

プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】

経験のなせるワザ 2009.05.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)
……420.0万円
まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。

ダイナミックなスタイル

昨年秋に「プジョー207CC」を愛車に迎え入れて以来、クーペ・カブリオレの魅力を再認識している。開ければオープンカーの開放感、閉めればクーペの快適性が享受できる「ひと粒で2度おいしい」キャラクターは、高温多湿で駐車場事情に恵まれない日本向きとさえ言えるのではないか。

となると気になるのが、フランスでは昨年発表された「308CC」だ。207CCのコンパクトネスは魅力だが、反面、後席はプラス2以下で、おとな4人乗っての移動は難しい。しかもハッチバック同士で比べると、308のほうがプジョーらしい乗り味を色濃く残していて、その点も興味を抱く理由だった。

その308CCに、6月1日の日本発売を前に、試乗会で対面した。先代モデル「307CC」に比べ75mm長く、60mm広く、5mm低くなったボディは、おっとりしたたたずまいの307CCとは逆に、かなりダイナミックだ。
尻下がりのラインがスポイラーの装着で矯正され、ランプを両端に寄せてワイド感を強調したリアビューは、数字以上の迫力を感じさせる。放物線状のプレスラインを入れたサイドビューや「GTi」と同じフロントマスクも、かなり大胆だ。

ヘッドレスト一体型のレザースポーツシートを採用。前席にはシートヒーターに加え、首周りを温める“ネックウォーマー”が装備される。3段階の風量調節が可能だ。シートカラーは、ブラック、ヴィンテージ、グレージュ/ラマの3タイプ。
ヘッドレスト一体型のレザースポーツシートを採用。前席にはシートヒーターに加え、首周りを温める“ネックウォーマー”が装備される。3段階の風量調節が可能だ。シートカラーは、ブラック、ヴィンテージ、グレージュ/ラマの3タイプ。
フロントには、「308」のスポーティモデル「GTi」と同じスポーツタイプのバンパーが採用され、迫力のあるデザインに。
フロントには、「308」のスポーティモデル「GTi」と同じスポーツタイプのバンパーが採用され、迫力のあるデザインに。
 
プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308CCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC 2009.5.15 画像・写真 2008年秋のパリサロンで、お披露目。2009年6月に日本で発売されるプジョーの4シーターオープンモデル「308CC」を、写真で紹介する。
  • 「プジョー308CC」新型6ATを搭載、燃費も向上 2010.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月7日、新型6ATを搭載するなどドライブトレインが一新された308シリーズのオープンモデル、新「308CC」の販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • プジョー308CCに全仏オープン公認の限定車 2013.5.22 自動車ニュース プジョーから全仏オープンテニス公認の限定車「308CC ローランギャロス」が登場した。
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
ホームへ戻る