【スペック】全長×全幅×全高=4455×1820×1430mm/ホイールベース=2610mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(140ps/5800rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=420.0万円(テスト車=同じ)

プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】

経験のなせるワザ 2009.05.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)
……420.0万円
まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。

ダイナミックなスタイル

昨年秋に「プジョー207CC」を愛車に迎え入れて以来、クーペ・カブリオレの魅力を再認識している。開ければオープンカーの開放感、閉めればクーペの快適性が享受できる「ひと粒で2度おいしい」キャラクターは、高温多湿で駐車場事情に恵まれない日本向きとさえ言えるのではないか。

となると気になるのが、フランスでは昨年発表された「308CC」だ。207CCのコンパクトネスは魅力だが、反面、後席はプラス2以下で、おとな4人乗っての移動は難しい。しかもハッチバック同士で比べると、308のほうがプジョーらしい乗り味を色濃く残していて、その点も興味を抱く理由だった。

その308CCに、6月1日の日本発売を前に、試乗会で対面した。先代モデル「307CC」に比べ75mm長く、60mm広く、5mm低くなったボディは、おっとりしたたたずまいの307CCとは逆に、かなりダイナミックだ。
尻下がりのラインがスポイラーの装着で矯正され、ランプを両端に寄せてワイド感を強調したリアビューは、数字以上の迫力を感じさせる。放物線状のプレスラインを入れたサイドビューや「GTi」と同じフロントマスクも、かなり大胆だ。

ヘッドレスト一体型のレザースポーツシートを採用。前席にはシートヒーターに加え、首周りを温める“ネックウォーマー”が装備される。3段階の風量調節が可能だ。シートカラーは、ブラック、ヴィンテージ、グレージュ/ラマの3タイプ。
プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】
フロントには、「308」のスポーティモデル「GTi」と同じスポーツタイプのバンパーが採用され、迫力のあるデザインに。
プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】
 
プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308CCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • プジョー308CC 2009.5.15 画像・写真 2008年秋のパリサロンで、お披露目。2009年6月に日本で発売されるプジョーの4シーターオープンモデル「308CC」を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載NEW 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る