「スズキ・ワゴンR」に装備充実の特別仕様車

2009.05.15 自動車ニュース

「スズキ・ワゴンR」に装備満載の特別仕様車

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」に特別仕様車「ワゴンR FXリミテッドII」を設定し、2009年5月14日に発売した。

この「FXリミテッドII」は、「ワゴンR」の2009年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して設定された特別仕様車。

売れ筋グレード「FXリミテッド」をベースに、専用のフロントメッキグリルと「LIMITED」エンブレム、LEDサイドターンランプ付ドアミラーを装備。インテリアは、本革巻ステアリングホイールや、タコメーター付き3連メーターを採用するとともに、フルオートエアコン、運転席シートリフターとチルトステアリング、6スピーカーを装備する。

ボディカラーは、特別設定色の紫(ミステリアスバイオレットパール)、濃銀(ルナグレーパールメタリック)を含む全6色を用意。
価格は、ベース車より3万1500円高の、115万5000円(FF/4AT)から133万350円(4WD/CVT)まで。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
ワゴンRスズキワゴンR自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-3 20S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.6.15 試乗記 マツダが、コンパクトSUV「CX-3」に大幅なマイナーチェンジを実施。内外装の質感向上やエンジンの改良など、全方位的に手を加えられた改良モデルの実力を、ガソリン、ディーゼル両モデルの試乗を通してチェックした。
ホームへ戻る