【スペック】全長×全幅×全高=4705×1825×1440mm/ホイールベース=2810mm/車重=1680kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)/価格=495.0万円(テスト車=657.0万円)

アウディA4 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【ブリーフテスト】

アウディA4 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT) 2009.05.15 試乗記 ……657.0万円
総合評価……★★★★

新型「A4」の発売から1年、待望の新グレード「2.0 TFSIクワトロ」が追加された。新エンジンに新トランスミッションを組み合わせ、クワトロシステムを採用するという魅力あふれるモデルは、まさに「真打ち登場」となるのか?

アウディA4 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)【ブリーフテスト】

待たされただけのことはある

2008年3月より日本に導入された「アウディA4」は、1.8 TFSIと3.2 FSIクワトロという2モデルをラインナップしていたが、実際のところ、真打ちはまだ登場していなかったと言っていいだろう。1.8 TFSIも実力は十分ではあったが、「アウディ=クワトロ」という人にとっては食指の動く存在ではなかったはずだし、かと言って3.2 FSIクワトロとの価格差は実に223万円もあったのだ。この2車の間を埋めるモデルの登場は、買う側にとっても売る側にとっても、待ち望まれていたに違いない。

そんななか、いよいよ登場した2.0 TFSIクワトロ。その登場が遅れたのは、新世代となった2.0 TFSIエンジンと7段Sトロニックというふたつの新アイテムを搭載するためだったのだが、結論を言えば、待たされただけの意味はあった。動力性能に文句がないだけでなく、その感触が良いのだ。実用域からトルクフルで、速度域を問わずスポーティな走りを楽しめるエンジンに、歯切れよい変速を実現するデュアルクラッチギアボックスの組み合わせは、実に小気味よい走りを味わわせてくれる。

しかも、そこにはアウディに期待するハイテクイメージがあふれ、さらには時代の要請であるエコ=省燃費性という要素まで兼ね備えている。アウディ初心者も、熱心なファンあるいは他車との比較の上で選ぼうという厳しいユーザーに対しても、アピール度は大きいはず。そのうえ価格もセダンで495.0万円と、たとえば「BMW325i」(538.0万円)や「メルセデス・ベンツC250エレガンス」(584.0万円)といった直接のライバルに比べて、お買い得感が際立つ設定とされているのだから、あと何が必要と言うのだろう?
もちろん最終的には好みの問題である。しかし、この2.0 TFSIクワトロの登場で、A4がこのセグメントでさらに存在感を増すことになるのは間違いない。アウディの快進撃をおおいに後押しする、重要なモデルの登場と言えるはずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る