4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビュー

2009.05.14 自動車ニュース
 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内発表

4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビュー

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー308」シリーズのオープンモデル「308CC」を、2009年6月1日に発売する。

 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビューの画像
 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビューの画像

■ロー&ワイド

2008年秋のパリサロンで初めてお披露目された「308CC」が、待望の国内デビューを果たす。プジョーは、「207」シリーズにも「CC」をラインナップしているが、そちらが2+2のコンパクトオープンであるのに対し、308CCはフル4シーターのミドサイズオープンと位置づけられる。

308CCのディメンションは、全長×全幅×全高=4455×1820×1430mm。先代「307CC」と比べ、全長で+75mm、全幅で+60mm大きくなった。いっぽう全高は−5mmと微減、ロー&ワイドなフォルムが強調されるかっこうとなった。サイズが拡大したぶん室内スペースも広がり、室内長、室内幅ともに307CCを凌ぐという。

ちなみにフロントマスクは、ハッチバックモデルと共通で、バンパーは「308GTi」のものと共通のデザインが採用された。それ以外のボディパネルは、すべて専用設計だという。

 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビューの画像
 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビューの画像

■四季を通じてオープンドライブ

最大の特徴である2分割電動油圧式ルーフ開閉システムは、ルーフの開閉時間を従来モデルの25秒から20秒に短縮するなど、使い勝手が高められた。

空調にも工夫を凝らし、年間を通じてオープンエア・モータリングを楽しめるようにしたのも新型の特徴。具体的には、ルーフの開閉状態を検知し、外気温や太陽光の強さに応じて冷房能力を自動調整するインテリジェント・オートエアコンを採用した。

さらにオープン時には、前席乗員の首まわりに温風を吹きかける「ネックウォーマー」をこのクラスで初めて採用。風量は3段階に調整できる。

なお308CCでは、前後シートともにヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用するなど、オープンモデルにとって重要な見栄えにもこだわった。

 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビューの画像
 
4人乗りオープン「プジョー308CC」が国内デビューの画像

■グレードの違いはインテリア

日本導入モデルは、「308CC プレミアム」と「308CC グリフ」の2種類。両モデルともに1.6リッター直噴ターボチャージャー付きエンジンを搭載し、最高出力140ps、最大トルク24.5kgmを発生。トランスミッションは4段AT(AL4)が組み合わされる。

プレミアムとグリフの最大の違いは、内装レザーの使用範囲。プレミアムではシートのみにレザーが使われるのに対し、グリフではシートのほか、ドア内張り、ダッシュボードまでがレザーで覆われる。このほかグリフには、コーナリング時に光軸が左右に変化するディレクショナルヘッドランプ、バイキセノンヘッドランプが装着され、ホイールもプレミアムより1サイズ大きい17インチが標準装着される。

価格は、308CCプレミアムが420万円で、308CCグリフは455万円。両グレードとも右ハンドルが標準で、グリフのみ受注生産で左ハンドルも選べる。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • プジョー308CC プレミアム(FF/4AT)【試乗速報】 2009.5.18 試乗記 プジョー308CC プレミアム(FF/4AT) ……420.0万円

    まもなく日本での販売が開始される「プジョー308CC」に初試乗。そのスタイルと存在感に強烈な個性を感じさせる新型オープンモデルの走りやいかに。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗速報】 2011.9.8 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
    ……399万9000円

    以前と変わらぬソフトトップ・スタイルで復活した「ゴルフカブリオレ」。注目のニューモデルに試乗した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る