マツダ、軽乗用車「キャロルエコ」を発売

2012.11.08 自動車ニュース

マツダ、軽乗用車「キャロルエコ」を発売

マツダは、軽乗用車の「キャロル」に燃費性能を向上させた新モデルの「キャロルエコ」を追加。2012年11月8日に発売した。

マツダの「キャロルエコ」は、スズキが製造する「アルトエコ」をOEM調達したもので、新開発のエンジンや摩擦抵抗を抑えた改良型CVT、停車時はもちろん、ブレーキを踏んで車速が9km/h以下になるとエンジンを停止するアイドリングストップシステムなどを採用している。

さらに、リアコンビランプとハイマウントストップランプへのLEDの採用や、燃料ポンプシステムの改良による省電力化、足まわりの軽量化や空力性能に優れたフロントバンパーの採用など、パワートレイン以外でも低燃費化を追求。ハイブリッド車を除くガソリン車ではトップの、30.2km/リッター(JC08モード)というカタログ燃費を誇る。

価格は90万5500円(ECO-L)および100万5500円(ECO-S)。

(webCG)

「マツダ・キャロルエコ ECO-S」
「マツダ・キャロルエコ ECO-S」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽「AZ-ワゴン」をフルモデルチェンジして発売 2008.10.2 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」シリーズをフルモデルチェンジし、2008年9月29日に発売した。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ「スピアーノ」に新グレード追加と一部改良 2003.9.17 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給を受けている軽乗用車「スピアーノ」(スズキ・アルト ラパン)に、ツインカムターボエンジン搭載の新グレード「SS」と、前席ベンチシートの「L」を追加。同時に従来モデル一部に燃費向上などの改良を施し、2003年9月11日から販売を開始した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その17) 2017.3.10 画像・写真 アストンマーティンはジュネーブモーターショー2017で、スーパースポーツカー「ヴァルキリー」(旧車名「AM-RB 001」)を展示したほか、「ヴァンキッシュS ヴォランテ」を公開した。ロールス・ロイスのブースと併せて紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その14) 2017.3.10 画像・写真 富士重工は第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。併せて、スズキとマツダのブースの様子を紹介する。
ホームへ戻る