マツダ、軽乗用車「キャロルエコ」を発売

2012.11.08 自動車ニュース

マツダ、軽乗用車「キャロルエコ」を発売

マツダは、軽乗用車の「キャロル」に燃費性能を向上させた新モデルの「キャロルエコ」を追加。2012年11月8日に発売した。

マツダの「キャロルエコ」は、スズキが製造する「アルトエコ」をOEM調達したもので、新開発のエンジンや摩擦抵抗を抑えた改良型CVT、停車時はもちろん、ブレーキを踏んで車速が9km/h以下になるとエンジンを停止するアイドリングストップシステムなどを採用している。

さらに、リアコンビランプとハイマウントストップランプへのLEDの採用や、燃料ポンプシステムの改良による省電力化、足まわりの軽量化や空力性能に優れたフロントバンパーの採用など、パワートレイン以外でも低燃費化を追求。ハイブリッド車を除くガソリン車ではトップの、30.2km/リッター(JC08モード)というカタログ燃費を誇る。

価格は90万5500円(ECO-L)および100万5500円(ECO-S)。

(webCG)

「マツダ・キャロルエコ ECO-S」
「マツダ・キャロルエコ ECO-S」

関連キーワード:
キャロルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • マツダ、軽「AZ-ワゴン」をフルモデルチェンジして発売 2008.10.2 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」シリーズをフルモデルチェンジし、2008年9月29日に発売した。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表 2017.9.14 自動車ニュース マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表した。国内におけるSUVラインナップの最上級モデルにあたり、パワープラントには190psまで出力を高めた2.2リッターディーゼルエンジンを採用。最上級モデルにふさわしい充実した装備も特徴となっている。
ホームへ戻る