マツダ、軽乗用車「キャロルエコ」を発売

2012.11.08 自動車ニュース

マツダ、軽乗用車「キャロルエコ」を発売

マツダは、軽乗用車の「キャロル」に燃費性能を向上させた新モデルの「キャロルエコ」を追加。2012年11月8日に発売した。

マツダの「キャロルエコ」は、スズキが製造する「アルトエコ」をOEM調達したもので、新開発のエンジンや摩擦抵抗を抑えた改良型CVT、停車時はもちろん、ブレーキを踏んで車速が9km/h以下になるとエンジンを停止するアイドリングストップシステムなどを採用している。

さらに、リアコンビランプとハイマウントストップランプへのLEDの採用や、燃料ポンプシステムの改良による省電力化、足まわりの軽量化や空力性能に優れたフロントバンパーの採用など、パワートレイン以外でも低燃費化を追求。ハイブリッド車を除くガソリン車ではトップの、30.2km/リッター(JC08モード)というカタログ燃費を誇る。

価格は90万5500円(ECO-L)および100万5500円(ECO-S)。

(webCG)

「マツダ・キャロルエコ ECO-S」
「マツダ・キャロルエコ ECO-S」 拡大

関連キーワード:
キャロルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、軽乗用車「キャロル」を全面改良 2014.12.26 自動車ニュース マツダが軽乗用車「キャロル」をモデルチェンジし、2015年1月に発売する。
  • マツダ・キャロル エコが35.0km/リッター達成 2013.12.19 自動車ニュース マツダが、燃費を35.0km/リッターに改善した「キャロル エコ」を発売した。
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • スバル、ターボエンジンを搭載したBRZを発表【ニューヨークショー2015】 2015.4.2 自動車ニュース STIの事業内容を1台で表現。「スバルBRZ」にターボエンジンのコンセプトカー。
ホームへ戻る