「スズキ・アルト」に30周年記念車が登場

2009.05.13 自動車ニュース
「スズキ・アルト」に30周年記念車が登場

「スズキ・アルト」に30周年記念車が登場

スズキは2009年5月12日、軽乗用車「アルト」の誕生30周年を記念した特別仕様車を発売した。

「スズキ・アルト」に30周年記念車が登場

1979年5月に初代が発売された「アルト」は、2009年3月末時点で世界累計販売台数1000万台を達成。現行モデルは2004年にデビューした、6代目である。

今回発売されるのは、その生誕30周年を記念した特別仕様車で、電波式キーレスエントリー、パワードアロック、セキュリティアラームシステムなどの追加装備が採用され、ドアサッシュやAピラーには黒の装飾が施された。カラーバリエーションも特別設定色の「ノクターンブルーパール」をはじめ、全5色が用意された。

また環境性能の面でも、FF/5MTモデルの燃費が24.0km/リッター、4WD/5MTモデルが22.0km/リッターと、5MTモデルはそれぞれ減税の対象となった。

価格は、71万4000円(FF/5MT)から92万850円(4WD/3AT)と、最も安価なグレード「E」に比べ、それぞれ約1万円高となっている。

(webCG ケヤキ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る