マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

2009.05.13 自動車ニュース
マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

マツダは、コンパクトカー「ベリーサ」の仕様を一部変更し、2009年5月11日から販売を開始した。

マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

「ベリーサ」は2004年6月に発売された1.5リッターエンジン搭載のコンパクトモデル。

今回の改良では、「ライラックグレー」でシート、ドアトリムやグローブボックスリッドなどの内装色を統一。外装色も薄紫系の「ライラックシルバーメタリック」、濃灰系の「メトロポリタングレーマイカ」、黒系の「スパークリングブラックマイカ」の3色を新たに追加した。

また、全車に防犯用イモビライザーが標準装備となり、「C」には個別に本革巻ステアリングが採用された。

価格は、本革シートを装備する「L」が165.0万円(4WDは183.9万円)、布シートの「C」が156.0万円(同174.9万円)となっている。

(webCG ケヤキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ベリーサ(4AT)【試乗記】 2004.7.22 試乗記 マツダ・ベリーサ(4AT)
    ……222万750円

    「車格という従来の概念を打ち破る新しいクルマ」としてリリースされた「マツダ・ベリーサ」。上質なコンパクトを標榜するそれは、どうなのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が、第一印象を報告する。


  • 特別なインテリアの「マツダ・ベリーサ」が登場 2013.7.11 自動車ニュース 「マツダ・ベリーサ」に専用のインテリアカラーを採用した特別仕様車が登場。
  • インテリアの質感アップ、「マツダ・ベリーサ」マイナーチェンジ 2006.8.4 自動車ニュース マツダは、ちょっと上級を狙ったコンパクトカー「ベリーサ」をマイナーチェンジし、2006年8月4日に発売した。
  • 「マツダベリーサ」、レザー内装や新色を追加 2005.6.8 自動車ニュース マツダは、高い質感をウリにするコンパクトカー「ベリーサ」を一部改良。グレード体系を変更してレザー内装や、新しいボディカラーを追加したほか環境性能を高め、2005年6月7日に発売した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る