マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

2009.05.13 自動車ニュース
マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

マツダは、コンパクトカー「ベリーサ」の仕様を一部変更し、2009年5月11日から販売を開始した。

マツダ、「ベリーサ」の内装を充実

「ベリーサ」は2004年6月に発売された1.5リッターエンジン搭載のコンパクトモデル。

今回の改良では、「ライラックグレー」でシート、ドアトリムやグローブボックスリッドなどの内装色を統一。外装色も薄紫系の「ライラックシルバーメタリック」、濃灰系の「メトロポリタングレーマイカ」、黒系の「スパークリングブラックマイカ」の3色を新たに追加した。

また、全車に防犯用イモビライザーが標準装備となり、「C」には個別に本革巻ステアリングが採用された。

価格は、本革シートを装備する「L」が165.0万円(4WDは183.9万円)、布シートの「C」が156.0万円(同174.9万円)となっている。

(webCG ケヤキ)

関連キーワード:
ベリーサマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ベリーサ(4AT)【試乗記】 2004.7.22 試乗記 マツダ・ベリーサ(4AT)
    ……222万750円

    「車格という従来の概念を打ち破る新しいクルマ」としてリリースされた「マツダ・ベリーサ」。上質なコンパクトを標榜するそれは、どうなのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が、第一印象を報告する。


  • マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売 2012.6.29 自動車ニュース マツダは、コンパクトカー「ベリーサ」の一部仕様を変更し、2012年6月28日に発売した。
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ、「ベリーサ」の内装を充実 2009.5.13 自動車ニュース マツダは、コンパクトカー「ベリーサ」の仕様を一部変更し、販売を開始した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
ホームへ戻る