【スペック】全長×全幅×全高=4530×1840×1685mm/ホイールベース=2755mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpm)/価格=675万円(テスト車=722万6250円)

メルセデス・ベンツGLK300 4MATIC(4WD/7AT)【ブリーフテスト】

メルセデス・ベンツGLK300 4MATIC(4WD/7AT) 2009.05.12 試乗記 ……722万6250円
総合評価……★★★

「BMW X3」や「フォルクスワーゲン・ティグアン」など、活況を呈するコンパクトSUV市場に殴り込みをかけた、メルセデス発のコンパクトSUV「GLK」。リポーターは久々に「ベンツに乗った!」と感じいったのだが……。

極上の快適性 無類の安心感

これまで「BMW X3」がほぼ独占していたコンパクトSUVのマーケットに、ここにきて多くのフォロワーが登場してきつつある。「メルセデス・ベンツGLKクラス」も、そのなかの1台だ。
まず大きなインパクトをあたえるのは、その内外装のデザインだろう。極端なまでの直線基調は、GLクラスというよりGクラスを強く意識しているよう。ちょっとオモチャっぽい感じが個人的にはあまり好きになれないのだが、一時は皆がこぞってGクラスに乗っていたファッション業界では結構ウケがいいという話も聞くから、まあセンスの問題なのかもしれない。
しかし、その乗り味に関しては文句なく太鼓判を押せる。動力性能は車重があるだけにそれなりだが、骨太な骨格に懐深いシャシーの組み合わせがもたらす極上の快適性と無類の安心感は、おかしな言い方かもしれないが、現在のラインナップのなかでも、もっともメルセデスらしさが濃いように思う。久々に「ベンツに乗った!」という感覚を濃厚に味わうことができた。
そんなわけで、このデザインが気に入ったなら、これから輸入車市場で盛り上がってきそうなコンパクトSUVの中の選択肢のひとつとして大いにアリだ、と締めたかったのだが、それには引っ掛かる部分がいくつかある。まずひとつ目は左ハンドルしか用意されていないということ。メルセデスの他の4WDモデルと同様、トランスファーを右側に通す設計上の都合で、右ハンドルを作れないのだ。ちなみに、やはりX3が売れまくっているイギリス市場では文句が噴出しているのだとか。日本でもファンは声をあげるべきかもしれない。
そして価格だ。675万円という数字は兄貴分たるML350に対して、わずか81万円の差しかない。どうせコンパクトと言ってもそこまで極端に違うわけではないし、Mクラスのほうがオフロード性能は本格的だ……などと考えると、積極的に選ぶ理由が薄い気がしてきてしまう。
ステアリングの位置は仕方ないとしても、せめて価格をもう少し頑張ってくれると、自信をもって勧めることができるのだが。ましてや、これからもライバルは続々と登場してくるのだから。

 
メルセデス・ベンツGLK300 4MATIC(4WD/7AT)【ブリーフテスト】の画像
 
メルセデス・ベンツGLK300 4MATIC(4WD/7AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.8.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2014.6.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • 「メルセデス・ベンツGLA」がマイナーチェンジ 2017.4.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジ。フロントマスクがリニューアルされるなど、よりSUVらしさを強調したスタイリングとなった。価格は「GLA180」の398万円から、「メルセデスAMG GLA45 4MATIC」の792万円まで。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る