新型フェラーリ「カリフォルニア」&「599XX」、日本でお披露目

2009.05.11 自動車ニュース
「フェラーリ・カリフォルニア」
新型フェラーリ「カリフォルニア」&「599XX」、日本でお披露目

新型フェラーリ「カリフォルニア」&「599XX」、日本でお披露目

フェラーリ・ジャパンは2009年5月9日、新型スポーツカー「フェラーリ・カリフォルニア」とサーキット限定のレーシングモデル「599XX」を日本で初めてお披露目した。


新型フェラーリ「カリフォルニア」&「599XX」、日本でお披露目の画像 拡大

新型フェラーリ「カリフォルニア」&「599XX」、日本でお披露目の画像 拡大
カリフォルニアの心臓。F430の4.3リッターユニットに比べ最高出力は30ps劣るものの、トルクは1.6kgm大きい。
カリフォルニアの心臓。F430の4.3リッターユニットに比べ最高出力は30ps劣るものの、トルクは1.6kgm大きい。 拡大

■初ものづくしで初登場

既報のとおり、2008年秋のパリサロンで発表された「フェラーリ・カリフォルニア」が日本デビューを果たした。

1957年生まれの名車「フェラーリ250GT カリフォルニア」のイメージを受け継ぐという新型は、リトラクタブルハードトップが特徴。同社にとっては、MRの「F430スパイダー」と並ぶ、オープンスポーツモデルとなる。
全長×全幅×全高=4563(+51)×1902(−21)×1308(+74)mmで、ホイールベースは2670(+70)mm。F430よりは若干大きめ、といえるボディサイズだ。(カッコ内はF430との違い)
肝心のルーフは、軽量なアルミ製となっており、14秒で開閉可能。オープンボディでありながら、既存のスパイダーモデルを上回るボディ剛性を有するという。

V8ユニット搭載モデルとして、初のFR方式をとるのもニュース。ただし、ギアボックスはリアに配置され(トランスアクスルレイアウト)、前後重量配分を47:53とする。
そのエンジンは新開発の直噴式で、460ps/7750rpm、49.0kgm/5000rpmを発生。F1スタイルのパドルシフトをもつ7段のデュアルクラッチ式トランスミッションを介して、0-100km/h加速を4秒でこなし、そのまま310km/hの最高速まで加速できる。
足まわりも新設計だ。フロントがダブルウィッシュボーンで、リアがマルチリンク式。カーボンセラミック材のローターを備えるブレンボ製ディスクブレーキは標準で備わる。

かような新型フェラーリの価格は、F430スパイダーより395.0万円安い、2360.0万円。すでに受注は始まっており、オーナーのもとには初夏にデリバリーされる予定。しかし一年ぶんのウェイティングリストは、すでに埋まってしまったとのことである。

「フェラーリ599XX」
「フェラーリ599XX」 拡大
徹底的にレーシーなインテリア。
徹底的にレーシーなインテリア。 拡大
新型フェラーリ「カリフォルニア」&「599XX」、日本でお披露目の画像 拡大

■2匹目のモンスター

カリフォルニアと同時に、サーキット限定のレーシングマシン「フェラーリ599XX」も公開された。
こちらは、「エンツォ」ベースの“モンスターフェラーリ”「FXX」と同様、腕に覚えあるハイアマチュアな顧客にフェラーリのドライビングプレジャーを徹底的に体験してもらおうという、サーキット限定モデル。すなわち、12気筒のFRモデル「599」をベースとしたレーシングカーだ。

前後バンパーからフェンダー、サイドシルに至るまでエアロパーツで武装したのはもちろん、車体下部の気流をトランクルームに設けたファンで後方に導いたり、ホイール外側に漏れ出す空気を整流するなど、F1由来の技術を盛り込むほど空力へのこだわりは徹底的。
エンジンも、カムのプロファイルやコンピューターを変更し、ピストンやクランクシャフトに専用品を用いるなどして、620ps/7600rpmから700ps/9000rpmにパワーアップ。トランスミッションのプログラミングや磁性流体を用いたSCMサスペンションのセッティングも煮詰められ、さらなる高性能化が図られた。

2010〜2011年には、世界のサーキットを舞台に、ドライビングレッスンなどを含む「599XX」限定のイベントが開催される予定。
気になる車両の値段は、これらサービスを含め約110万ユーロ(邦貨にして約1億5000万円)で、世界で30人ほどのオーナーが、そのステアリングを握ることになるという。

(webCG 関)

関連キーワード:
599カリフォルニアフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
ホームへ戻る