【スペック】V50 2.0e パワーシフト:全長×全幅×全高=4520×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/価格=299.0万円(テスト車は先行生産車両につき設定にない装備あり)

ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】

走ってもリーズナブル 2009.05.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
……279.0万円/289.0万円/299.0万円

ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?

論より証拠

ツインクラッチ式のシーケンシャルトランスミッションをもつクルマと聞けば、スポーティなモデルを連想するのではないだろうか? しかし、ボルボの新しいC30/S40/V50の「2.0e パワーシフト」は、そんな先入観に反し、ごく普通の滑らかに変速する実用車的なチューンとなっている。
“普通”とはいうものの、その基本的なメカニズムゆえに、スポーティな運転も可能ではある。一方で、いまや世界的な努力目標であるエコロジーにもこのトランスミッションは貢献する。スポーティネスと経済性は、一見相反する要素のようであるが、効率という点において目指すところは一致するのだ。

今回ボルボは、これらパワーシフト搭載モデルを使って、メディア対抗の燃費競走を企画してくれた。競走とはいっても、そこは厳密に管理されたギリギリの攻防ではなく、いい意味でお遊び的な運営によるもの。今度のボルボのパワーシフトは、今までのトルコン式ATとはひと味もふた味も違う。だから大雑把なルールのなかでも、ということは普段使いに近い状況でも、こんなに良好な燃費を記録できるんだ、ということを一般に広く知らしめるのも狙いなのだ。

用意された車種はC30/S40/V50の3台で、各チームの乗車人数は、運転手、カメラマンに編集者を加えた3名。トータル511kmにおよぶコースは以下5つのステージに分けられ、ステージごとにテスト車をローテーションしつつエコラン競技が行われた。

1、都内から茨城県の日立北まで高速道路で160km(15.3km/リッター)
2、海沿いをひたちなか市まで一般道で45km(13.0km/リッター)
3、北関東自動車道で佐野SAまで高速道路で130km(18.0km/リッター)
4、50号、北関東道、関越道で東松山まで106km(17.4km/リッター)
5、関越道所沢から、ほぼ一般道で戻り70km(11.7km/リッター)

(カッコ内は満タン法による『webCG』チームの燃費値)

その間、写真撮影であるとかミスコースであるとか、チーム次第で距離が変わってくるなど完璧に公平な条件とはいい難いが、そこはご愛嬌。我々『webCG』チームはまずS40で出発、次に3台続けてV50、最後にC30という車順で試乗した。なお、競技そのものの順位は5チーム中の3位だった。


ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】の画像

ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】の画像
ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】の画像
【スペック】S40 2.0e パワーシフト:全長×全幅×全高=4475×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/価格=289.0万円(テスト車は先行生産車両につき設定にない装備あり)
【スペック】S40 2.0e パワーシフト:全長×全幅×全高=4475×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/価格=289.0万円(テスト車は先行生産車両につき設定にない装備あり)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る