第90回:フィアットはシンデレラ! マルキオンネCEOのブランド皿回し、まもなく開演?

2009.05.09 エッセイ

第90回:フィアットはシンデレラ!マルキオンネCEOのブランド皿回し、まもなく開演?

一連のフィアット動向を伝えるイタリアの新聞。
第90回:フィアットはシンデレラ! マルキオンネCEOのブランド皿回し、まもなく開演?

&nbsp飛びます!飛びます!

イタリアではこのところ「フィアット」がトップニュースになる日が続いている。
2009年5月4日月曜日、フィアットのマルキオンネCEOは、オペルとの提携交渉をドイツ政府関係者を交えて行うため、ベルリンに向かった。そのわずか3日前の4月30日に、クライスラーへ20%の資本参加と技術供与を発表したばかりだというのに、である。
さらに5月5日、今度はゼネラル・モーターズのラテンアメリカ事業買収交渉のため、マルキオンネは再びアメリカに飛び、8日にはまたまたオペルと協議のためドイツに入った。まるでピンポン玉のような往復ぶりである。
「疲れてるうえ、悪い病気が流行ってるから気をつけなさいヨ」と、親でもないのに心配したくなるのはボクだけか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。