第163回:見た、乗った、驚いた! フランス・パリの最新EV事情(前編)

2012.11.09 エッセイ

第163回:見た、乗った、驚いた!フランス・パリの最新EV事情(前編)

日常生活の中で目にする機会も増えてきた、電気自動車(EV)。日本では「日産リーフ」や「三菱i-MiEV」が知られるが、海の向こうでは、どんなEVが活躍しているのだろうか? モータージャーナリストの森口将之が、注目の2モデルにフランスで試乗。その走りを紹介する。

知られざる「超小型モビリティー」

いま一番乗りたいEVが二つある。そのうちの1台が「ルノー・トゥイジー(Twizy)」だ。“ツイン(twin)&イージー(easy)”を車名としたこのクルマ、日本では「日産ニュー・モビリティー・コンセプト(NMC)」の名で実証実験に使われている、超小型モビリティーである。

フランスは超小型モビリティー王国で、「エクサム」や「リジェ」など10以上の専門メーカーがある。現地では「クワドリシクル(4輪自転車)」と呼ばれ、「クワドリシクル・ルール(重量級)」と「クワドリシクル・レジェ(軽量級)」のカテゴリーに分けられる。

高速道路の通行はどちらも不可。完全なシティーコミューターとして位置付けられる。よって「スマート」や「トヨタiQ」はこのカテゴリーに入らない。 両者の大きな違いは最高速度と免許制度で、「ルール」は昔の日本の軽自動車免許のような専用免許が必要となるが、「レジェ」は最高出力が4kW、最高速度が45km/hに制限される一方、16歳以上なら免許なしで乗れる。現地では若者がスクーター代わりに乗り回すか、地方の高齢者が近所の移動用に運転するシーンも多く見受けられる。

ただし価格はベーシックなモデルでも1万ユーロ(102万円)前後とそんなに安くはないし、生産台数は最大手のエクサムでも年間1万2000台程度にすぎない。ルノーのような大メーカーがこれまで参入してこなかった理由は、このあたりにあったようだ。

ではなぜルノーはトゥイジーを造ることになったのか? パリモーターショー会場で製品担当者に聞いたら、ちょっと意外な言葉が返ってきた。


第163回:見た、乗った、驚いた! フランス・パリの最新EV事情(前編)の画像
ルノーが開発したコンパクトEV「トゥイジー」。2010年9月のパリモーターショーでデビューした。
ルノーが開発したコンパクトEV「トゥイジー」。2010年9月のパリモーターショーでデビューした。
前後にシートが並ぶ「トゥイジー」の特徴的なキャビン。乗員はタンデムスタイルで乗り込む。
前後にシートが並ぶ「トゥイジー」の特徴的なキャビン。乗員はタンデムスタイルで乗り込む。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ