レクサスから4シーターオープン「IS 250C」デビュー

2009.05.07 自動車ニュース

レクサスから4シーターオープン「IS 250C」デビュー

トヨタ自動車は2009年5月7日、レクサスブランドの4シーターコンバーチブル「レクサスIS 250C」を発表。同日販売を開始した。

■ルーフ開閉世界最速

2008年10月開催のパリサロンでお披露目された「IS 250C」が正式デビューした。

ISセダンをベースとし、オープン化されたボディは、ルーフをしまうリアセクションの拡大で50mm延長。全高(クローズ時)は15mm下げられた。
フルオートマチックのメタルトップは3分割タイプが採用される。開閉は20秒で行われ、メタルルーフでの世界最速を謳う。さらに開閉動作時の安全を確保するため、バックソナーも与えられた。なお、走行中の開閉は不可。

セダンと似た外観だが、ヘッドランプ、ボンネットフード、アウターミラー、ドアハンドル以外は専用のデザインとなり、「ワイド&ロー」を意識したという。内装では、インパネやコンソール部分はセダンと共通の部品を用いるが、メーターはオープン時の視認性に配慮し、ガラスの透過率を下げ、光源の明るさをアップした専用品が奢られる。

パワートレインは、セダンと共通の2.5リッターV6(215ps、26.5kgm)+6段オートマチックトランスミッションを採用。足まわりの基本構造はセダンと同一だが、ルーフをしまうためにリアサスペンション取り付け位置を下げ、専用のチューニングが施された。

4シーターコンバーチブルとして、競合車よりも大きい荷室容量もアピールポイントの一つ。ルーフクローズ時で553リッターとなるラゲッジルームは、9インチゴルフバッグを2個収納可能。オープン時にも1つのゴルフバッグを飲み込み、さらに開口部が広いのも特徴である。スペアタイヤレスオプションをを選ぶと、さらに床下に30リッターのスペースが追加される。

標準装備されるオートエアコンは、オープン時に外気温や車速などをもとに、風量や温度を制御するというもの。肩までの広範囲をカバーするシートヒーターも標準。
ボタン一つで、シートスライド/リクライニングができる「ワンタッチウォークイン」は、2ドア化することで採用された、後席へのアクセスに便利な機能。

安全装備として、前席エアバッグ/ニーエアバッグのほか、新開発となる頭部、胸部に対応したサイドエアバッグも備わる。後席乗員の安全に寄与する大型のリアシートヘッドレストは、視界確保の際には運転席からワンタッチで倒すこともできる。

ボディカラーは、コンバーチブル専用となるカトレアマイカメタリックのほか、「IS F」のイメージカラーであるエクシードブルーメタリックなど、全9色のラインナップ。価格は「IS 250C」が495.0万円、本木目パネルと本革シートが与えられた「バージョンL」は535.0万円に設定される。

(webCG 本諏訪)

 
レクサスから4シーターオープン「IS 250C」デビューの画像
マニュアル変速が可能なパドルシフトは、標準で備わる。
マニュアル変速が可能なパドルシフトは、標準で備わる。
写真は「バージョンL」。ブラックとホワイトの本革シートでは、オプションでステッチ色を選ぶことも可能だ。
写真は「バージョンL」。ブラックとホワイトの本革シートでは、オプションでステッチ色を選ぶことも可能だ。
 
レクサスから4シーターオープン「IS 250C」デビューの画像
 
レクサスから4シーターオープン「IS 250C」デビューの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

IS Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスIS350C(FR/6AT)【試乗記】 2010.12.19 試乗記 レクサスIS350C(FR/6AT)
    ……669万3500円

    レクサスISのオープンモデルに追加された3.5リッターモデル「IS350C」。パワーアップしたことで走りや乗り心地はさらに快適に……と思った筆者だったが。
  • レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)【試乗記】 2009.6.1 試乗記 レクサスIS250C“バージョンL”(FR/6AT)
    ……582万6700円

    “インテリジェントスポーツ”たる「レクサスIS」が、開閉可能なメタルトップを獲得。オープンバージョンとなった新型の乗り味を、ワインディングロードで試した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る