クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】 全長×全幅×全高=3700×1685×1415mm/ホイールベース=2465mm/車重=1220kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=318万円(テスト車=420万2000円)

MINIクーパー・コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】

晴れたらいいね 2009.05.07 試乗記 MINIクーパー・コンバーチブル(FF/6AT)
……420万2000円

外観からは大きな変化がないように思える新型「MINIコンバーチブル」。けれども、見えないところが、先代から確実に進化しているのだった。

すっきり、もっこり

これからオープンカーの時代が来るかもしれない、と思ったのはちょうど去年の今頃、マラソンランナーの谷川真理さんにインタビューをした時のことだ。そうです、東京国際女子マラソンやパリマラソンで優勝した、あの谷川真理さんです。20年以上、毎日のように皇居のまわりを走っている谷川さんは、「東京の空は、はっきりときれいになっています」と断言なさったのだ。

20年前は皇居周回コースを4、5周した後で鼻をかむと、ティッシュがまっ黒になった。けれども、今はそんなことはないという。のほほんと暮らしていると実感できないけれど、排ガス対策は効果を発揮しているようだ。

てなことを思い出しながら、「Always Open」という謳い文句とともにニッポン上陸した「MINIクーパー・コンバーチブル」の電動幌を開ける。スイッチ操作ひとつで屋根が開き、所要時間は約15秒。ちなみに、時速30km以下なら走行中でも開閉可能だ。新しいMINIのコンバーチブル(以下、ミニコンと略す)のトップレス姿は、先代ミニコンより少しすっきりした。ロールオーバー・バーが後席の後ろに格納されるようになって、余計なでっぱりがなくなったからだ。

折りたたまれた幌がもっこり盛り上がっているのは先代と同じで、ルームミラー越しの後方視界の邪魔をしていることには変わりない。とはいえ、子どもみたいな感想で恐縮ですがオープンカーはいい。太陽の光と巻き込む風を浴びると、そうした自然の力に負けまいと体がガンバるせいか、体内からエネルギーが湧いてくる(ような気がする)。そしてミニコンというクルマ自体にも、人を元気にさせるキャラクターがあると思った。

フルオープンで走ると、オートエアコンが自動的にコンバーチブルモードになる。これは、風が主に足もとのスペースに流れるような設定で、幌を閉じると通常のモードへ戻る。
フルオープンで走ると、オートエアコンが自動的にコンバーチブルモードになる。これは、風が主に足もとのスペースに流れるような設定で、幌を閉じると通常のモードへ戻る。 拡大
フルオープンにしている時間を計測する、オプションのオールウェイズ・オープン・タイマー。6時間59分まで計測可能。
フルオープンにしている時間を計測する、オプションのオールウェイズ・オープン・タイマー。6時間59分まで計測可能。 拡大
リアリッドが下方に開くことで荷物が積みやすくなる、イージーロードシステムと呼ばれる仕組み。ここには80kgまでの荷物を置くこともできる。大きな荷物を積む際には、ルーフの後端を35度持ち上げて開口部を広くすることができる。ルーフを開いた状態の荷室容量は、先代より5リッター大きい125リッター。
リアリッドが下方に開くことで荷物が積みやすくなる、イージーロードシステムと呼ばれる仕組み。ここには80kgまでの荷物を置くこともできる。大きな荷物を積む際には、ルーフの後端を35度持ち上げて開口部を広くすることができる。ルーフを開いた状態の荷室容量は、先代より5リッター大きい125リッター。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

クルマのキャラに合ったエンジン

まず、BMWとプジョーがタッグを組んで開発した1.6リッターの直列4気筒エンジンのダイレクト感がいい。どんな場面でアクセルを踏んでもグイッとトルクが盛り上がり、いかにも効率のよさそうな6段ATの助けもあってすばしっこく走る。

「BMW 116i」に積まれるビーエム独自開発の1.6リッター直4に比べると、ミニコンの1.6リッター直4は高回転域での伸びや音の洗練度合いで劣る。一方で、アクセルを踏んだ瞬間にパンとダッシュするパンチ力があるから、小さいながらも生意気に走るというミニコンのキャラに合ったエンジンだ。

このエンジンにターボを組み合わせたクーパーSコンバーチブルもラインナップされる。けれども個人的には、太陽と風をキモチよく感じながら走るコンバーチブルにこれ以上の速さは不要だと思う。6ATモデル同士で比べると、クーパー・コンバーチブルとクーパーSコンバーチブルの価格差は40万円。自分だったら、この差額をオプション装備とか夏の自動車旅行とか、オープンカー用のジャケットや帽子などに充てたい。

路面からの突き上げをガッツンガッツン感じた先代と比べれば、乗り心地はかなり改善された。とはいえ、ミニコンはお世辞にも乗り心地がいいクルマだとは言えない。路面の凸凹を正直に拾って、それをコツコツとドライバーに伝える。特に後席に座った時に感じるショックは、かなりダイレクトなもの。

けれども、これは小気味よいハンドリングとのトレードオフ。交差点とか高速での車線変更といった“普段使い”でもキュッと向きを変える敏捷さを思えば、乗り心地は十分に許容範囲内だ。とにかくアクセルペダルやステアリングホイールから伝わる感触は生き生きとしていて、運転していると少し体温が上がるような気がするのが新型ミニコンだ。

BMW自慢のバルブトロニック技術をベースに開発した無段階可変バルブコントロールを採用することで、低回転域の厚いトルクと高回転域でのパワーを両立した直列4気筒ユニット。このエンジンは英国ハムズホール工場で組み立てられた後にオックスフォード工場へ運ばれ、MINIコンバーチブルに搭載される。
BMW自慢のバルブトロニック技術をベースに開発した無段階可変バルブコントロールを採用することで、低回転域の厚いトルクと高回転域でのパワーを両立した直列4気筒ユニット。このエンジンは英国ハムズホール工場で組み立てられた後にオックスフォード工場へ運ばれ、MINIコンバーチブルに搭載される。 拡大
こちらはターボエンジン搭載の「クーパーS」。クーパーよりもパワー&トルクは55ps/8.2kgmずつ増えて、最高出力175ps、最大トルク24.5kgmを発生する。トランスミッションは6段MTと6段ATが選べる。
こちらはターボエンジン搭載の「クーパーS」。クーパーよりもパワー&トルクは55ps/8.2kgmずつ増えて、最高出力175ps、最大トルク24.5kgmを発生する。トランスミッションは6段MTと6段ATが選べる。 拡大
ソフトトップを畳んだ状態でのリアビューには、クラシカルな美しさがある。このスタイルを見た後だと、後方視界の悪さも許せる?
ソフトトップを畳んだ状態でのリアビューには、クラシカルな美しさがある。このスタイルを見た後だと、後方視界の悪さも許せる? 拡大

時流に合った着実な進化

幌を閉じた状態も試してみた。黒い幌に覆われると車内はかなり狭苦しく感じるけれど、この"隠れ家"感が好きだという人もいるかと思う。自分もそのひとり。こういうの、嫌いじゃない。ただし、後席はかなり閉塞感があるから、乗り心地の件とあわせて完璧な4シーターというよりも、2+2ぐらいに考えたほうがいいと存じます。

幌を少しだけ開けてサンルーフのように使うことができる仕組みは、先代から受け継いでいる。せっかくのオープンカーにサンルーフを付けるなんて、ゴジラ松井に送りバントをさせるみたいだと思っていたけれど、実際に使ってみるとかなり便利。特に高速道路では適度に空気と陽光が入ってきて、なかなか快適だ。松井はバントもうまかった。このスライディングルーフ機構は時速120km以下なら作動する。

短時間の試乗だったので燃費を計測することはできなかったけれど、10・15モードでは14.6km/リッター。ちょっと前に300kmほどミニコンで走ったことがあって、高速道路を主体にかなり飛ばしたけれど、それでもモード燃費に近い14km/リッター走った。動力性能と燃費性能のバランス点は高い。ミニコンの直4エンジンに備わるハイテク(可変バルブリフトコントロールとカムシャフトコントロール)が効果を発揮しているのだろう。パッと見た感じでは先代と大差ないし、基本的なコンセプトに大きな変化はない新型ミニコンであるけれど、見えないところが着実に進化しているのは間違いない。

燃費について考えたのも、4月下旬だというのに半袖でも暑いぐらいだったからだ。冒頭で紹介した谷川真理さんも、「東京の空気はきれいになっているけれど、確実に温度は上がっている」とおっしゃっていた。ランナーほどじゃないにしろ、オープンカー乗りも気候の変化に敏感になるんじゃないでしょうか。炭坑のカナリアというか。プリウスやインサイトとは全然違う意味合いだけれど、オープンカーもある種のエコカーなのかもしれない、てなことを考えた。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸)

2002年に登場した先代MINIコンバーチブルは、全世界で16万4000台を販売したヒット作。外観はあまり変わらないように見えるが、ボディ構造を根本から見直すことで、10kgの軽量化を図りながらもボディ剛性は向上したという。
2002年に登場した先代MINIコンバーチブルは、全世界で16万4000台を販売したヒット作。外観はあまり変わらないように見えるが、ボディ構造を根本から見直すことで、10kgの軽量化を図りながらもボディ剛性は向上したという。 拡大
インテリアサーフェスとドアグリップ、ステアリング、シート生地は、豊富に用意されるオプションの中から選べる。テスト車は、ホライゾンブルーのインテリアサーフェスに、レザーラウンジシートを組み合わせた仕様。
インテリアサーフェスとドアグリップ、ステアリング、シート生地は、豊富に用意されるオプションの中から選べる。テスト車は、ホライゾンブルーのインテリアサーフェスに、レザーラウンジシートを組み合わせた仕様。 拡大
外からあまり見えなくなったロールオーバー・バーは、横転の危険を察知すると0.15秒でポップアップする仕組みとなっている。

【テスト車のオプション装備】
アロイホイール=14万円/マルチファンクション・ステアリング=3万5000円/スポーツ・レザーステアリング=2万3000円/インテリアサーフェスボディ色=4万2000円/クロムライン・インテリア=2万2000円/クロムライン・エクステリア=1万5000円/カラーライン・クロームホワイト=2万6000円/自動防眩機能付ルームミラー=2万5000円/アームレスト=2万5000円/スポーツシート・フロント左右=4万6000円/シートヒーター=5万2000円/助手席エアバッグ解除キー=8000円/レインセンサー=2万4000円/キセノンライト=9万4000円/オールウェイズ・オープン・タイマー=3万円/MINIハイファイラウンドスピーカーシステム=8万5000円/ホワイト・インジケーター・ライト=1万円/レザーラウンジシート・ヒーター付=32万円)
外からあまり見えなくなったロールオーバー・バーは、横転の危険を察知すると0.15秒でポップアップする仕組みとなっている。
	
	【テスト車のオプション装備】
	アロイホイール=14万円/マルチファンクション・ステアリング=3万5000円/スポーツ・レザーステアリング=2万3000円/インテリアサーフェスボディ色=4万2000円/クロムライン・インテリア=2万2000円/クロムライン・エクステリア=1万5000円/カラーライン・クロームホワイト=2万6000円/自動防眩機能付ルームミラー=2万5000円/アームレスト=2万5000円/スポーツシート・フロント左右=4万6000円/シートヒーター=5万2000円/助手席エアバッグ解除キー=8000円/レインセンサー=2万4000円/キセノンライト=9万4000円/オールウェイズ・オープン・タイマー=3万円/MINIハイファイラウンドスピーカーシステム=8万5000円/ホワイト・インジケーター・ライト=1万円/レザーラウンジシート・ヒーター付=32万円) 拡大

関連キーワード:
MINIコンバーチブルMINI試乗記

あなたにおすすめの記事