第164回:見た、乗った、驚いた! フランス・パリの最新EV事情(後編)

2012.11.09 エッセイ

第164回:見た、乗った、驚いた!フランス・パリの最新EV事情(後編)

モータージャーナリストの森口将之がリポートする、フランス・パリのEV事情。後編では、急速に普及が進むEVのカーシェアリングシステムをリポートする。

進む、パリのカーシェアリング

前編からのつづき
前回の「ルノー・トゥイジー」に続いて紹介したいのが、パリで展開されているカーシェアリング「オートリブ」と、そこで使われている車両「ボロレ・ブルーカー」である。

当初、僕はオートリブを使えないものと思っていた。少なくともEU圏内に住む人でないと利用できないと決めつけていたのだ。ところが渡仏前、オートリブ取材経験のある自動車新聞社の楠田悦子さんから「日本人でも乗れますよ」と言われたので、彼女の手助けを受けながら挑戦することにした。

オートリブは2011年12月にサービスがスタートした“EVシェアリング”で、名前で想像できる方もいるかもしれないが、シェアサイクル「ヴェリブ」の自動車版である。

他のカーシェアリングと異なるのは、市の主導で導入されたシステムであること、専用設計のモデル「ブルーカー」を採用したこと、借りた場所と異なる場所に返却できる「ワンウェイ(乗り捨て)」方式を取り入れたことだ。
当初250カ所/250台でスタートし、9カ月後の2012年9月には670カ所/1800台にまで増えたという普及の速さも、一般的なカーシェアリングとは違う。おかげで今回パリを訪れた際には、ブルーカーもステーションも、しっかり風景の一部になっていた。

2012年9月に出されたリリースによれば、これまでに50万回以上利用されており、630トンのCO2排出を削減したという。2007年に導入され、5年後の今では年間22万人/3000万回の利用があるというヴェリブに続いて、かの地では早くも定着の兆しを見せているのだ。

だからこそ乗ってみたいという気持ちが強くなって、登録作業を行う半円形の「エスパスオートリブ」の中で、楠田さんに教えられつつ作業を進めたのだが、そこは異国のカーシェアリング。簡単なタッチパネル操作とクレジットカード登録だけで終わるヴェリブとは違って、利用カードの発行までは、けっこう大変だった。


第164回:触って、乗って、驚いた! フランス・パリの最新EV(後編)
写真で路肩に止まっているクルマが、オートリブに使われる「ボロレ・ブルーカー」。歩道に見える半円形の構造物は、中で利用登録などを行う「エスパスオートリブ」。
第164回:触って、乗って、驚いた! フランス・パリの最新EV(後編)
「ブルーカー」のシンプルなインテリア。ダッシュボードの中央にインフォメーションディスプレイが置かれる。
第164回:触って、乗って、驚いた! フランス・パリの最新EV(後編)
ディスプレイのアップ。ギアポジション、車速、バッテリー残量などが表示される。
第164回:触って、乗って、驚いた! フランス・パリの最新EV(後編)
エンジンルームならぬ、モータールームの様子。最高出力50kWを発生する。なお、0-60km/hの加速タイムは6.3秒で、航続可能距離は市街地モードで最高250km。最高速度は130km/hに制限される。
第164回:触って、乗って、驚いた! フランス・パリの最新EV(後編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ