第92回:新型「ゴルフ」、そのクオリティはなぜ実現できるのか?

2009.05.01 エッセイ

第92回:新型「ゴルフ」、そのクオリティはなぜ実現できるのか?

フォルクスワーゲンの新型「ゴルフ」発表のため来日した、フォルクスワーゲンAG ハラルド・ルダネック氏に、「webCG クルマ生活Q&A」でおなじみの松本英雄が聞いた。

フォルクスワーゲンAG 研究開発部門 車両開発・試作担当のハラルド・ルダネック専務と新型「ゴルフ」。
フォルクスワーゲンAG 研究開発部門 車両開発・試作担当のハラルド・ルダネック専務と新型「ゴルフ」。

第92回:新型「ゴルフ」、そのクオリティはなぜ実現できるのか?の画像

クオリティのコントロールとコストダウン

環境に配慮しながらも、そのクオリティを維持し、さらに静粛性、安全性の面でも進化をとげた6代目「ゴルフ」。ルダネック氏は、新型ゴルフについて、DSGの進化や、大衆車とはいえ、いかにクオリティの向上に力を入れているかということについて語った。

良質な素材を使っての複雑な造形や質感の高さは、新型「ゴルフ」では一層際立っている。
そこで私は「高価な材料を使っているのに、なぜリーズナブルなプライスで提供できるのか?」と聞いてみた。自動車メーカーで製造にたずさわる人なら、これほどのクオリティでなぜ採算が取れるのかと不思議に思うはずだ。

答えのひとつは、国からの援助があるというものであった。ドイツでは、政府がリサイクルに対しての助成金を出す支援策があるのだ。
ここはぜひ日本政府も考えて頂きたい。かつて日本も官民一体となって自動車産業を高めた。それは役人にも自動車のオーソリティーがいたからである。
ルダネック氏は、本当のエコマテリアルとは、良質な素材を使い元の素材へリサイクルできる、循環するマテリアルだと言う。

新型ゴルフは、素材のおよそ40%がリサイクル素材で、その約80%以上がメタルシートを使用しているため、金属のリサイクルがしやすいのだという。

国が援助して良質なモノを作り、材料を無駄なく同じ素材へとリサイクルできるのだ。だからこそフォルクスワーゲンはハイクオリティを維持しつつ競争力のあるプライスで提供できるのである。

マネのできない剛性感

さきごろ、箱根で開かれた試乗会で改めてクオリティの高さを思い知らされた。ここまでくると大衆車のクオリティではない。しかし価格は、シングルチャージャーの「TSIコンフォートライン」が275万円、ツインチャージャーの「TSIハイライン」が312万円という手の届くプライスである。

良質な素材だからできる丸みを持たせながら生まれるシャープなボディパネルと、隠れた部分までキレイに見せるレーザー溶接は、次のステージにきている。着座したときに手に触れるステアリングホイールとダッシュパネル、センタ−コンソールにはマットな質感をあたえるなど、ディテールに厳しい日本人の心を揺さぶる要素が一層盛り込まれている。
もちろん自慢のトランスミッション“DSG”もエンジンとのマッチングをさらに綿密にしてスムーズだ。車体の剛性感は申し分ない。国産車には真似のできない剛性感は健在だ。

まだ初期のロットだけに、サスペンションのセッティングは荒削りではあるが、日に日に進化して、唸るような乗り味になってくるだろう。それに見合った細かな調整がこれからの課題ではないだろうか。ルダネック氏が言ったように更なるクオリティの向上を期待したい。

(文=松本英雄)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ