「ボルボS60コンセプト」に試乗できる −ボルボがゲーム市場に参入!?

2009.04.30 自動車ニュース

「ボルボS60コンセプト」に試乗できる −ボルボがゲーム市場に参入!?

スウェーデンのボルボ・カー・コーポレーションは、ミディアムセダンのコンセプトモデル「S60コンセプト」が登場する、無料のPC用ゲームを開発中だと発表した。

「ボルボS60コンセプト」は、2009年のデトロイトショーに出展された、次期「S60」のデザインを示唆するコンセプトカー。既報のとおり、従来型とは大きく路線を変更した、スポーティな印象を与えるセダンである。

今回発表された『Volvo - The Game(ボルボ・ザ・ゲーム)』は、2010年に予定される市販モデルの発売に先駆け、このコンセプトカーをゲームの世界で試乗できるというもの。

音や細部にいたるまでリアルに表現された「S60コンセプト」を、用意された2つのバーチャルコースで走らせることができる。さらに、プレイヤーはドライビング技術を競うだけでなく、プレイ中、またはリプレイモードで「第三者目線」「回転ビュー」「ズーム」「追跡カメラ」の各機能を使うことによって、クルマの隅々まで観察することができるという。

ゲームの開発には、現在『GTR Evolution』や『RACE 07』(日本では株式会社ズーより日本語マニュアル付英語版として発売)など、数々のPC用レーシングゲームを手がけたスウェーデンの大手ゲーム会社「SimBin」が関わった。ボルボのクルマがSimBin社開発のゲームに登場するケースはこれまでにもあったが、「ボルボ・カー・コーポレーションが世に送り出すSimBin社開発のゲーム」としてはこれが初の試みとなる。

『ボルボ・ザ・ゲーム』は2009年5月26日から、ボルボ公式サイト(www.volvocar.com)上から無料でダウンロードが可能。ただし言語は、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語の5カ国語で、日本語は用意されないようだ。

(webCG ケヤキ)


「ボルボS60コンセプト」に試乗できる −ボルボがゲーム市場に参入!?の画像

「ボルボS60コンセプト」に試乗できる −ボルボがゲーム市場に参入!?の画像
写真は全て『ボルボ・ザ・ゲーム』(開発中)の画面。
写真は全て『ボルボ・ザ・ゲーム』(開発中)の画面。

関連キーワード:
S60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • フォルクスワーゲンが「パサートGTE」シリーズの装備を強化 2017.8.29 自動車ニュース フォルクスワーゲンがプラグインハイブリッド車である「パサートGTE」シリーズの装備を強化。カーナビゲーションシステムにナビにジェスチャーコントロール機能を搭載したほか、運転支援システムに前進・後退時衝突被害軽減ブレーキ機能を追加した。
ホームへ戻る