【スペック】全長×全幅×全高=4295×1775×1480mm/ホイールベース=2610mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=269万円(テスト車=270万3965円)

シトロエンC4 1.6(FF/4AT)【ブリーフテスト】

シトロエンC4 1.6(FF/4AT) 2009.04.30 試乗記 ……270万3965円
総合評価……★★★★★

デビューから3年を経て、小変更が実施された「シトロエンC4」。最廉価グレード「1.6」を試したリポーターは、その実力に感銘を受けたという。

才色兼備なコンパクト

評価点がすべて「5」というのも何ですが、無理にマイナス点をあら探しすることもない。高得点を連ねるだけの実力はある。自分で実際に購入するかどうかとなると、価格のことやMTが無いことなど、それなりの事情もあるが。

ともかく、C4はいいクルマだ。業界屈指の個性派実用車を造っているシトロエンの手によるという先入観を抜きにしても、日常生活で使う際の実用性能は高い。

シトロエンというブランドに期待される先進性やユニークさを考えれば、たとえば油圧サスペンションが欲しいとか、4WDがいいとか、はたまたハイブリッドであってほしいといった要求は出てくるかもしれない。
それでも、同じPSAグループのなかにあって徹底的な正統派といえるプジョーの「307」との兄弟車であることを考えれば、外観デザインや内装の違い、走行性のチューニングの違いは、十分にシトロエンの独自性を主張しているといえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る