オーテック、「日産キューブ」に新しい福祉車両を追加

2009.04.28 自動車ニュース

オーテック、「日産キューブ」に新しい福祉車両を追加

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、福祉車両(ライフケアビークル)にキューブ「チェアキャブ」を設定し、2009年4月23日に発売した。

ライフケアビークルに追加されたキューブ「チェアキャブ」は、車両後部のスロープから、車イスのままで車内に乗り込める車両。
リアシートは、折りたたみ機能付きのベンチシートタイプと、車いす固定位置の横に1人掛けの独立シートが備わるサイドシートタイプの2タイプを設定。ベンチシートは、車いす乗車時3名、非乗車時は5名、サイドシートタイプは車いす乗車時は4名、非乗車時は3名の乗車が可能となる。

同時に、「アンシャンテ助手席スライドアップシート」に腰まわりの安定感を向上させる「サポートパッド」をオプション設定。さらに、キューブの特別仕様車「15X Mセレクション/15X FOUR Mセレクション」にも、「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」を設定した。

価格は、チェアキャブは2タイプともに230万円、アンシャンテは198万9750円から238万5600円。

(webCG ワタナベ)

キューブ「チェアキャブ サイドシートタイプ」
オーテック、「キューブ」に車イスのまま乗れる福祉車両車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キューブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る