オーテック、「日産キューブ」に新しい福祉車両を追加

2009.04.28 自動車ニュース

オーテック、「日産キューブ」に新しい福祉車両を追加

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは、福祉車両(ライフケアビークル)にキューブ「チェアキャブ」を設定し、2009年4月23日に発売した。

ライフケアビークルに追加されたキューブ「チェアキャブ」は、車両後部のスロープから、車イスのままで車内に乗り込める車両。
リアシートは、折りたたみ機能付きのベンチシートタイプと、車いす固定位置の横に1人掛けの独立シートが備わるサイドシートタイプの2タイプを設定。ベンチシートは、車いす乗車時3名、非乗車時は5名、サイドシートタイプは車いす乗車時は4名、非乗車時は3名の乗車が可能となる。

同時に、「アンシャンテ助手席スライドアップシート」に腰まわりの安定感を向上させる「サポートパッド」をオプション設定。さらに、キューブの特別仕様車「15X Mセレクション/15X FOUR Mセレクション」にも、「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」を設定した。

価格は、チェアキャブは2タイプともに230万円、アンシャンテは198万9750円から238万5600円。

(webCG ワタナベ)

キューブ「チェアキャブ サイドシートタイプ」
キューブ「チェアキャブ サイドシートタイプ」

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第96回:カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!? 2018.6.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第96回は「カーマニアがマツダに真に望むこと、それは倒産だった!?」。モテないカーマニア2名によって、突如ぶち上げられたロータリー待望論。自動車業界の現実を無視した言動に、筆者は真っ向から反論する!
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
ホームへ戻る