【スペック】全長×全幅×全高=4995×1810×1475mm/ホイールベース=2925mm/車重=1820kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8DOHC32バルブ(347ps/6400rpm、46.9kgm/4100rpm)/価格=790万円(テスト車=926万5000円)

トヨタ・クラウンマジェスタGタイプ Fパッケージ(FR/8AT)【試乗記】

これぞニッポンの技 2009.04.28 試乗記 トヨタ・クラウンマジェスタGタイプ Fパッケージ(FR/8AT)
……926万5000円

日本人の好みや指向を徹底的に研究して造られたクルマ「クラウンマジェスタ」。“グローバル化”という言葉に翻弄されない国内専用モデルの魅力とは? 最上級グレードを試した。

人間を楽にするツボ

このページを見てくださっている読者の皆さんの多くは、もしかしたらヨーロッパのクルマが大好きなのではないか。だとしたら「トヨタ・クラウンマジェスタ」なんぞ、「どうよ?」と思うかもしれない。とにかく「ニッポン」してるクルマだから。料理でいうなら和食。お客さんの喜びそうなものを彩り良く詰め込んだという点では、老舗の料亭の特製松花堂弁当みたいなクルマなのだ。

でも、それこそがマジェスタの最大の魅力でもある。日本の平均的なクルマ生活の形、つまり道路が混んでいて速度も高くなく、あまり遠出も多くない中で、何より安楽さと便利さを最優先させてある。乗用車の役割は人間を楽にすることだから、どんな人が乗ってどう走りたいのか、徹底的に観察し抜いたところが凄い。

乗った印象を総括すると、まずリアシートがとても広い。クラウンよりホイールベースを75mm延ばしたぶん全部をリアシートにあげた結果、のうのうと脚を投げ出すどころか組んでも前に当たらない。電動でリクラインさせると、デレッとだらしなく寛げる(その場合、お尻が前にずれそうだが)。

最高級グレードの「Gタイプ Fパッケージ」(これのみ4人乗り)では、リアの左側だけ電動で足乗せ台(オットマン)も出てきて、旅客機のファーストクラスのようにゆったりお休みモードにもできる。普段は軽く見ていても、いざ使ってみると快適で、なるほど、こういうクルマは誰かに運転してもらうものだと思ったりする。

Gタイプ Fパッケージでは、リアの空調やシートヒーター、オットマンなどがセンターアームレストで調整できる。リアエンターテイメントシステムはオプション装備。
トヨタ・クラウンマジェスタGタイプ Fパッケージ(FR/8AT)【短評】
トヨタ・クラウンマジェスタGタイプ Fパッケージ(FR/8AT)【短評】
後席の足元スペースが75mm拡大したおかげで、ゆったりとくつろぐことができる。
トヨタ・クラウンマジェスタGタイプ Fパッケージ(FR/8AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン マジェスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る