「プジョー308」に旅がテーマの限定車

2009.04.27 自動車ニュース

「プジョー308」に旅がテーマの限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「プジョー308」に特別限定車「308 VOYAGE」(ヴォワヤージュ)を設定し、2009年5月8日に販売を開始する。

■グローブ・トロッターのバッグ付き

1.6リッターターボエンジン(140ps)搭載の「308プレミアム」をベースとする今回の特別仕様車は、“旅”をテーマに、約40万円相当の追加装備を盛り込みつつ、価格を据え置きとした限定車。

追加装備の内容は、純正HDDナビゲーション(イクリプス製、40GBのHDD搭載モデル)、ナビ連動型ETC、LED車内照明、フロントドアステップガードなど。

さらに、英国のトラベルケースブランド「グローブ・トロッター」社製のトートバッグとボストンバッグ(プジョーオリジナルタグ付き)が付属する。

ボディカラーは全8色から選択可能。価格は299.0万円で、販売台数は300台限定。

(webCG 曽宮) 

プジョー308 VOYAGE
プジョー308 VOYAGE

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.21 試乗記 プジョーのBセグメントホットハッチ「208GTi」に、同社のモータースポーツ部門が鍛えた「by PEUGEOT SPORT」が登場。“実戦”のノウハウが投入されて、208GTiのフットワークはどう変わったか? 専用チューンの足まわりがかなえた走りをリポートする。
  • プジョー208GTi(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.28 試乗記 エンジンの出力向上や、機能・装備の強化、エクステリアデザインの変更など、多岐にわたる改良を受けた「プジョー208GTi」。「205GTi」以来の伝統を受け継ぐフランス製ホットハッチの魅力に触れるとともに、従来モデルからの進化の度合いを確かめた。
ホームへ戻る