クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4715×1825×1420mm/ホイールベース=2810mm/車重=1850kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(333ps/5500-7000rpm、44.9kgm/2900-5300rpm)/価格=803.0万円(テスト車=855.0万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=24.0万円/アダプティブクルーズコントロール+アウディサイドアシストアダプティブ=28.0万円)

アウディS4アバント(4WD/7AT)【試乗速報】

走りが大きく変わった 2009.04.27 試乗記 アウディS4アバント(4WD/7AT)
……855.0万円

A4のモデルチェンジより遅れること1年。ハイパフォーマンスグレード「S4」が生まれ変わった。7段Sトロニックやリアスポーツディファレンシャルなど新機軸満載の新型に早速試乗した!

ここまでやるのか?

「アウディS4」といえば、A4シリーズの頂点として、もっとも高いパフォーマンスを誇る存在。とは言うものの、さらにその上にはクワトロGmbHが開発した「RS4」も設定されているから、それほどスポーツ性に特化した過激な存在にはなっていない……というのが、その位置づけだった。今までは。

しかし新型S4は、そんなヒエラルキーをひっくり返すくらい刺激的なパフォーマンスとダイナミクスを手に入れている。
「アウディがここまでやってしまって、本当にいいの?」
新しいS4は、そんなふうに感じてしまうくらい、走りへのこだわりを感じさせるモデルに仕上がっているのだ。

相変わらず見た目は控えめなほうである。縦方向のバーが強調されたグリルや専用のエアロパーツ、アルミ調のドアミラーなどお約束のアイテムが付加されてはいるが、外観の基本的な仕立ては「わかる人にはわかる」という程度。一方インテリアは、カーボン製パネルが使われ、シルクナッパレザー張りのスポーツシートやバング&オルフセン製オーディオなどがフルに装備されるなど充実している。

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

力強さと爽快感

しかしなんと言っても注目すべきは、そのメカニズムだ。まずエンジンは、先代のV型8気筒4.2リッター自然吸気から、V型6気筒3リッター直噴スーパーチャージャー付きへと置き換えられた。このダウンサイジングによって、最高出力は11ps減の333psとなるも、最大トルクは逆に3.1kgm増しの44.9kgmに。しかも燃費は18%の改善を見ているという。
そして、そのパワーを伝達するギアボックスには同時デビューの「A4 2.0TFSIクワトロ」と同じくデュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニックを採用した。

さらにリアディファレンシャルには、これまた新機軸の「アウディスポーツディファレンシャル」が搭載される。これは左右輪のトルク配分をアクティブに可変させて走行安定性と旋回性をともに向上させるシステム。三菱の「スーパーAYC」やBMWの「ダイナミックパフォーマンスコントロール」などと同じ働きをするものだといえばわかりやすいだろうか。S4では、ステアリングのギア比やダンパー減衰力、エンジンやトランスミッションの特性を任意で変更できる、標準装備のアウディドライブセレクト(ADS)で、このスポーツディファレンシャルの効きをも調整することが可能だ。

まさにアウディが誇るハイテクを結集させたこのS4。強い印象をもたらすのは、まずはエンジンである。スーパーチャージャーの効果か、アクセルを軽く踏み込んだだけでも図太いトルクを発生し、しかもそのまま踏み降ろしていくとトップエンドまでリニアにパワーを放出しながら一気呵成に回り切る。過給器付きならではの力強さと、過給器付きらしからぬ爽快感が見事に両立させられているのだ。Sトロニックの歯切れの良い変速感も、こういうエンジンとの組み合わせだからこそ、おおいに活きるというものだろう。

これまでにない操縦性

コーナリングは過激な躾けだ。ノーマルモードでは快適な乗り味をもたらしているADSをダイナミックモードに切り換えてワインディングに挑むと、まずターンインがきわめてニュートラルステアに近づいていく。これだけだったらADS付きのA4でも似た感覚を味わえるが、S4の場合はさらに脱出に向けてアクセルを気持ち多めに踏み込んでいくと、まるでFR車のようにアクセルでリアを振り出すように曲げていくことができるのだ。ブレーキングと操舵、そしてアクセルオンのタイミングを合わせればカウンターステアだって許容する。こんな操縦性は、これまでのアウディでは考えられなかったものと言える。

アウディのクワトロと言えば、圧倒的なスタビリティこそがなによりの持ち味。そう考えると、ここまで曲げる必然性があるのかは微妙なところではある。徐々に奥が深くなっていくようなコーナーでは、電子制御される要素が複雑に絡み合っているゆえか、やや挙動の滑らかさを欠く感があるのも気になった。しかし楽しくなかったかといえば、少なくとも短時間の試乗では、おおいに楽しんでしまったのも事実だ。

そんな新しいS4、大きな飛躍を見せたその走りとは裏腹に、価格はセダンで785万円とリーズナブルな線に収まっている。なにしろ3.2FSIクワトロは645万円するのだ。これだけのハイテクと前述の装備がすべて標準だと考えれば、S4は買い得とすら思えてくる。この経済環境でも健闘を続けているアウディにとって、勢いに弾みをつける1台になる可能性は十分だと言えそうである。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏)

関連キーワード:
S4アバントアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事