第39回:今度のクロエは田舎娘! ベガスを目指すロードムービー
『HICK ルリ13歳の旅』

2012.11.13 エッセイ

第39回:今度のクロエは田舎娘! ベガスを目指すロードムービー 『HICK ルリ13歳の旅』

乗っているクルマで人を判断できるか?

乗っているクルマを見て、人の本性を見極めることができるだろうか。もちろん、できるわけがない。クルマの種類なんてたかが知れているが、人の性格は千差万別だ。とは言え、実際にはクルマのイメージで人を判断することが往々にしてある。黒塗りの高級ドイツ車から坊主頭にグラサンの男が出てくれば身構えるだろうし、5ナンバーのミニバンに乗っているのは子煩悩なお父さんだろうと想像する。実際には逆の場合だっていくらでもあるはずだが。

『HICK ルリ13歳の旅』は、家出した少女が田舎町からラスベガスを目指すロードムービーだ。旅の始まりで、彼女は通りがかりのクルマに乗せてもらう機会に2度遭遇する。どちらのクルマを選ぶかで、運命は大きく変わってくるだろう。

ルリはアメリカ中西部のネブラスカに住んでいる。何もない農村地帯だ。両親は教育熱心とは言いかねるタイプのようで、ボロ靴を履いた彼女は、ひとりでスケッチブックに絵を描いて日がな過ごしている。13歳の誕生日パーティーを開いてもらったが、そこは近所の酔っぱらいが集まるバーだ。父は酔いつぶれ、母は男たちとダンスをしている。ルリが誕生日プレゼントとしてもらったのは、スミス&ウェッソンの45口径だ。何もかもが、ローティーンの女の子には似つかわしくない。

© 2011 BY HICK PICTURE COMPANY LLC. All Rights Reserved.
第39回:今度のクロエは田舎娘! ベガスを目指すロードムービー − 『HICK ルリ13歳の旅』

第39回:今度のクロエは田舎娘! ベガスを目指すロードムービー − 『HICK ルリ13歳の旅』
第39回:今度のクロエは田舎娘! ベガスを目指すロードムービー − 『HICK ルリ13歳の旅』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。