第88回:あのクルマの恥ずかしい(?)写真公開 〜大矢アキオ 禁断の秘蔵コレクションから

2009.04.25 エッセイ

第88回:あのクルマの恥ずかしい(?)写真公開〜大矢アキオ 禁断の秘蔵コレクションから

今思えば2代目「フィアット・パンダ」にとって初のプレビューだった「シンバ」。(2002年ボローニャ)
第88回:あのクルマの恥ずかしい(?)写真公開

「クルマは外車にするわ」

本欄で「森高千里」といえば、ちょっと前に放映されていた「日産ラフェスタ」のCMソングを思い出す人もおられるだろう。先日ボクは、ひょんなことから1990年代に森高千里が歌う映像を観た。いやー、彼女の髪型といいメイクといい、時代を感じさせた。歌詞も当時を彷彿とさせる。

たとえば1990年リリースの「青春」という歌では「クルマは外車にするわ♪」というフレーズがある。
今日だったら「タタ・ナノでもいいのか?」と突っ込みたいところだが、当時の若者の購買心理を反映していることは確かだ。
さらに「欲しかったパソコンも買うわ♪」という歌詞もある。詞にハイテク家電を使うのは、歌の舞台をアフリカにしてしまったゴダイゴの曲「リターン・トゥ・アフリカ」と並ぶ日本歌謡史上の快挙だ。

彼女の作詞家としてのセンスも評価すべきだと思う。事実、森高千里はファンならご存知のとおり、デビュー当初、アイドルではなく実力派ミュージシャンとしてのキャラクターを前面に打ち出していた。なんでも初期というのは何やら人々をひきつける魅力がある。それは一時期、新人時代の斉藤由貴のテレフォンカードが超高値で取引されていたことからもわかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。