至れり尽くせりのPND、パナソニックから登場

2009.04.24 自動車ニュース

至れり尽くせりのPND、パナソニックから登場

2009年4月22日、パナソニックから発表された新製品は大きく分けて2種類。ひとつは“フルナビ”のミドルクラスモデル「ストラーダ」、もうひとつはPNDの「ストラーダポケット」で、前者は6月1日の、後者は6月12日の発売となる。
ここでは多くの人が注目するはずの、新しいPND「MP200/100」を説明しよう。

■弱点を解消する「迷いまセンサー」

200と100の違いはワンセグチューナーを持つ(200)か持たない(100)か。さらにそれぞれにACアダプターと家庭用スタンドが付属するLモデル(家電販売店の扱いとなる)があり、合計4モデルがラインナップされる。基本性能は4モデルに共通で、地図等のデータは4GBのマイクロSDHCカードに収録。タッチアップ式の液晶画面のサイズは5型、約2時間の連続使用が可能な充電式リチウムイオン電池を内蔵する。価格はオープンだが、市場価格は最上級のMP200Lで7万5000円前後と予想される。

パナソニックのPNDは昨年春、「ストラーダポケット」の愛称でCN-MP50が新登場、大手メーカーらしい配慮の利いた設計と手堅い性能で人気商品となった。今回のCN-MP200および100は、前作での反響を基に、さらに使いやすさを高めたモデルである。

これまでPNDの弱点とされた測位性能、特にトンネル内などGPS衛星からの電波が受信できない箇所では動作が止まってしまうのが普通だった。MP50では早くからこの点に対処、それまでの移動速度から割り出したスピードで移動を予想、トンネル内でもある程度はクルマの動きに付いてこられる数少ないPNDだった。
それがMP200/100では加速度センサーとジャイロセンサーを搭載、加速度センサーはクルマの進行距離を、ジャイロセンサーはクルマの進行方向と道路の傾斜を検知し、これまでより“科学的に”正しい自車位置を表示できるようになり、トンネル内の確実な動きはもちろん、内部での分岐や高架道路のように高低差のある道路でも区別できるようになったとしている。パナソニックではふたつのセンサーを総合して「迷いまセンサー」と称しているが、このあたりにも自信のほどが伺える。

■誰でも使えるWEB連携

もうひとつの話題は、フレッシュな検索データを使えること。これまでのPNDは、情報格納量の少なさから、目的地を探すための検索データが少ないことがネックになっていた。MP200/100では4GBのメモリー容量を持つわけだが、昨今のめまぐるしい店舗等の移り変わりには、いくらデータ量を多くしても対応できるわけではない。そこで各社、WEB等で探したフレッシュなデータをカーナビの検索に活かそうと必死なわけだが、パナソニックはこの機能をPNDにも搭載した。

というと「ああ、おでかけストラーダをPNDでも使えるようにしただけだね」と物知りは思うかもしれない。もちろんそれも可能になったのだが、それ以上に驚くのは、より汎用性の高いGoogleマップから得た位置情報を、MP200/100でも検索データとして使えることだ。やりかたも簡単。Googleマップの検索機能でみつけたスポットデータを自分のアドレスにメール送信、そのデータをSDカードに落としてMP200/100に読み込ませればいい。

■渋滞情報も見られる

ソニーの「nav-u」を唯一の例外として、渋滞情報が見られなかったのもPNDの弱点だ。MP200/100ではそれも可能になった。しかもうれしいのは別途オプション品を買わなくても情報が受け取れること。それはビーコン情報を使うソニーと違ってFM-VICSを使うからで、そのチューナー自体もMP200/100をダッシュボードに載せるクレードルに内蔵させている点がスマートだ。こうすれば本体はコンパクトなままですむ。もっとも出かける前に家庭で渋滞情報を確認することはできないのだが。なお、FM-VICSを受信するためのコードアンテナもちゃんと同梱されている。

ナビゲーション性能はまさに上級のフルナビからそっくり移植されてきたと思っていい内容だ。3D、2Dの地図表示、異スケールの2画面表示、交差点拡大は2D、3Dのほか立体交差点もわかりやすく表示、首都高などを簡易表示する専用マップもあるし、複雑な入口をわかりやすく見せるハイウェイ入口案内も用意されている。高速道路ではスマートICも経路設定の対象となる。

現時点ではまだ未対応だが、同社のブルーレイ録再機ディーガで録画したワンセグ放送をSDカードにダウンロードさせてストラーダポケットで楽しむという芸当も、この秋のバージョンアップで予定されている。ただし対応機種はMP200だけ。ナビ性能だけならMP100でも充分だが、地デジ番組をフルに楽しみたいならMP200を買っておくと後悔はしないだろう。

(文=尾沢英彦(『カーナビの達人』編集長))


至れり尽くせりのPND、パナソニックから発表

至れり尽くせりのPND、パナソニックから発表
薄さ28mmとスリムに仕上がったニュー・ストラーダポケット。ワンセグ内蔵のMP200は、アンテナが付属する。
至れり尽くせりのPND、パナソニックから発表

至れり尽くせりのPND、パナソニックから発表
専用スタンドにはFM-VICSを受信できるチューナーが内蔵されている。
至れり尽くせりのPND、パナソニックから発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。