「ジープ・チェロキー」2009年モデルは質感アップ&機能追加

2009.04.24 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」2009年モデルは質感アップ&機能追加

クライスラー日本は、2009年モデルの「ジープ・チェロキー」を、2009年4月25日に発売する。

2009年モデルは、インテリアの小変更と機能の追加が施された。
インテリアは、内装色をパステルスレートグレーからダークスレートグレーに変更。プレミアムレザーシートの採用に加え、シフトノブや助手席アシストハンドル、センターコンソールのアームレスト、パーキングブレーキレバーブーツにもレザーを用いて、質感を高めたという。
さらに、フロントドアには、ラグジュアリートリムがあしらわれ、“Jeep”ロゴが入ったスカッフパッドを装備する。

そのほか、フロントワイパーの雨量感知機能や、リモートキーレスエントリーからの操作で、前席の窓ガラスをあけ、乗車前に室内の熱を解放するリモートオープンフロントドアガラス機能が追加される。

ボディカラーは新色のディープウォーターブルーを含む全5色を用意。
価格は、以下のとおり。
・ジープ・チェロキー リミテッド:444万1500円
・ジープ・チェロキー リミテッド(スカイスライダーサンルーフ付き):462万円。
いずれも右ハンドルのみ。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る