「ジープ・チェロキー」2009年モデルは質感アップ&機能追加

2009.04.24 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」2009年モデルは質感アップ&機能追加

クライスラー日本は、2009年モデルの「ジープ・チェロキー」を、2009年4月25日に発売する。

2009年モデルは、インテリアの小変更と機能の追加が施された。
インテリアは、内装色をパステルスレートグレーからダークスレートグレーに変更。プレミアムレザーシートの採用に加え、シフトノブや助手席アシストハンドル、センターコンソールのアームレスト、パーキングブレーキレバーブーツにもレザーを用いて、質感を高めたという。
さらに、フロントドアには、ラグジュアリートリムがあしらわれ、“Jeep”ロゴが入ったスカッフパッドを装備する。

そのほか、フロントワイパーの雨量感知機能や、リモートキーレスエントリーからの操作で、前席の窓ガラスをあけ、乗車前に室内の熱を解放するリモートオープンフロントドアガラス機能が追加される。

ボディカラーは新色のディープウォーターブルーを含む全5色を用意。
価格は、以下のとおり。
・ジープ・チェロキー リミテッド:444万1500円
・ジープ・チェロキー リミテッド(スカイスライダーサンルーフ付き):462万円。
いずれも右ハンドルのみ。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る