「ジープ・チェロキー」2009年モデルは質感アップ&機能追加

2009.04.24 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」2009年モデルは質感アップ&機能追加

クライスラー日本は、2009年モデルの「ジープ・チェロキー」を、2009年4月25日に発売する。

2009年モデルは、インテリアの小変更と機能の追加が施された。
インテリアは、内装色をパステルスレートグレーからダークスレートグレーに変更。プレミアムレザーシートの採用に加え、シフトノブや助手席アシストハンドル、センターコンソールのアームレスト、パーキングブレーキレバーブーツにもレザーを用いて、質感を高めたという。
さらに、フロントドアには、ラグジュアリートリムがあしらわれ、“Jeep”ロゴが入ったスカッフパッドを装備する。

そのほか、フロントワイパーの雨量感知機能や、リモートキーレスエントリーからの操作で、前席の窓ガラスをあけ、乗車前に室内の熱を解放するリモートオープンフロントドアガラス機能が追加される。

ボディカラーは新色のディープウォーターブルーを含む全5色を用意。
価格は、以下のとおり。
・ジープ・チェロキー リミテッド:444万1500円
・ジープ・チェロキー リミテッド(スカイスライダーサンルーフ付き):462万円。
いずれも右ハンドルのみ。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る