【スペック】全長×全幅×全高=4590×1695×1590mm/ホイールベース=2750mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(158ps/6200rpm、20.0kgm/4400rpm)/価格=226万円(テスト車=276万9250円)

トヨタ・ウィッシュ2.0G(FF/CVT)【試乗速報】

サイコーにちょうどいいトヨタ!? 2009.04.24 試乗記 トヨタ・ウィッシュ2.0G(FF/CVT)
……276万9250円
55万台を売り上げたという人気のミニバン「ウィッシュ」がフルモデルチェンジを果たした。その使い勝手は? 走りは? 新型の実力をリポートする。

「ストリーム」を標的に

新型「トヨタ・ウィッシュ」のキーワードは「適切」。いい加減なテキトーではなく「適切」。すべての点でちょうど良いクルマだ。先代(初代)もそうだったが、普段の暮らしの中に、極端に言えば存在すら意識させないほど溶けこんでしまいそうだったりする。

とりあえず3列シートの6〜7人乗りだからミニバンと名乗ってはいるものの、実際にはセダンでありステーションワゴンでもあり、何でもある万能車。趣味とか走りとかではなく、豊かな機能をどこまで使い倒すか、問われるのはクルマのできではなく、ユーザーの想像力かもしれない。本当に身の丈のクルマ生活なら軽のワゴン、少し余裕を求めるならリッターカー、あらゆる場面に対応したければウィッシュとしておこう。

このウィッシュ、6年前に発売した時は、そのころ人気だった「ホンダ・ストリーム」が標的で、結局どちらもよく売れてオメデトウだったってことで、今度もライバル関係なのは同じ。しいて雰囲気を分ければ、トヨタらしく誰でもひょいと乗れるのがウィッシュ、一方ホンダのイメージにふさわしくグイッと強い走りが得意なのがストリーム、と言えないこともないが、実際そんなに違いはない。
ともに全長4.6m級と、大きめだが大きすぎないサイズの5ドアで、1.8リッターと2リッターのエンジンがあり、FFのほか4WDも選べるという基本線は共通だ。

2.0Gの内装色はグレージュのみの設定。グレードによって、ダークグレーも選べる。
2.0Gの内装色はグレージュのみの設定。グレードによって、ダークグレーも選べる。
大型のセンターコンソールは、3つのカップホルダーを備える。

【テスト車のオプション装備】
電動チルト&スライドムーンルーフ=10万5000円/ワイドビューフロントモニター+インテリジェントパーキングアシスト=6万3000円/HDDナビゲーションシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+ステアリングスイッチ+NAVI・AI-SHIFT制御=33万750円/ETCユニット=1万500円)
大型のセンターコンソールは、3つのカップホルダーを備える。
【テスト車のオプション装備】
電動チルト&スライドムーンルーフ=10万5000円/ワイドビューフロントモニター+インテリジェントパーキングアシスト=6万3000円/HDDナビゲーションシステム+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+ステアリングスイッチ+NAVI・AI-SHIFT制御=33万750円/ETCユニット=1万500円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る