「アウディA5」にエントリーグレード追加

2009.04.22 自動車ニュース

「アウディA5」にエントリーグレード追加

アウディジャパンは2009年4月22日、4シータークーペ「A5」に2リッターエンジン搭載のエントリーグレードを追加設定し、同日販売を開始した。

3.2リッターV6のみであったA5のラインナップに、2リッターモデルが加わった。

新たに追加された「A5 2.0TFSIクワトロ」には、可変バルブリフト機構AVS(アウディバルブリフトシステム)を採用する、2リッター直噴ターボエンジンが搭載される。最高出力211ps/4300-6000rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4200rpmは、先に発表された「A4 2.0TFSIクワトロ」のユニットと同内容のもの。組み合わされるトランスミッションは7段Sトロニック(2ペダルMT)で、クワトロシステムを介し、4輪を駆動する。

アドバンスドキーシステム、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備され、価格は582.0万円。

(webCG 本諏訪)

「A5 2.0TFSIクワトロ」
「A5 2.0TFSIクワトロ」

関連キーワード:
A5アウディA5/A5カブリオレ/A5スポーツバック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> そのクルマの真の姿を知りたければグランドツーリングに出てみるといい。優雅なだけでなく、高い実用性をも備えた「アウディA5スポーツバック」は、もっと雄弁にアウディの実力を知らしめてくるはずだから。美しさは機能に従うのだ、と言わんばかりに!
ホームへ戻る