「アウディA5」にエントリーグレード追加

2009.04.22 自動車ニュース

「アウディA5」にエントリーグレード追加

アウディジャパンは2009年4月22日、4シータークーペ「A5」に2リッターエンジン搭載のエントリーグレードを追加設定し、同日販売を開始した。

3.2リッターV6のみであったA5のラインナップに、2リッターモデルが加わった。

新たに追加された「A5 2.0TFSIクワトロ」には、可変バルブリフト機構AVS(アウディバルブリフトシステム)を採用する、2リッター直噴ターボエンジンが搭載される。最高出力211ps/4300-6000rpm、最大トルク35.7kgm/1500-4200rpmは、先に発表された「A4 2.0TFSIクワトロ」のユニットと同内容のもの。組み合わされるトランスミッションは7段Sトロニック(2ペダルMT)で、クワトロシステムを介し、4輪を駆動する。

アドバンスドキーシステム、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備され、価格は582.0万円。

(webCG 本諏訪)

「A5 2.0TFSIクワトロ」
「A5 2.0TFSIクワトロ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る